競馬ニュース 競馬ニュース

【コーフィールドC】レーン「手応え良く進んだ」ブレークアップは見せ場は作るも8着に敗れる

コーフィールドカップ・ブレークアップに騎乗したD.レーン騎手(Melbourne Racing Club/Racing Photos)

 現地10月21日、コーフィールド競馬場で行われたコーフィールドカップ(G1・芝2400m・18頭立て)に、日本のブレークアップ(牡5・栗東・吉岡辰弥)が、ダミアン・レーン騎手で出走し8着に敗れた。勝ったのはウィズアウトアファイト(セ7・愛・A&S.フリードマン)で、勝ちタイムは2分26秒45。 ウィズアウトアファイトが勝利  日本から参戦したブレークアップは見せ場は作るも8着に敗れた。レースでは中団から進み、勝負どころで先頭集団で直線へ。そこからはもう一つ伸びきれずに流れ込むようにゴールした。次走は11月...

この記事の全文