競馬ニュース 競馬ニュース

【クイーン賞】吉田隼「動ける位置にはいたのですが…」ショウナンナデシコは伸び切れず

地方競馬 船橋競馬

2022/11/30 21:29

クイーン賞・ショウナンナデシコ (C)Hiroki Homma

 ここ2戦らしくない敗戦が続いているショウナンナデシコは、このレースも復活とはならなかった。いつでも動けるポジションで勝ち馬をしっかりマークして2番手から前を伺ったものの、勝負どころで手応え劣勢に。それでも粘りこんで3着と地力は見せた。

3着 ショウナンナデシコ
吉田隼人騎手
「スタートは良かったので、逃げ馬について行きました。2番手で動ける位置にいたんですが、途中で動けなくなりましたね。ハミを取って走る仔なんですが、返し馬も乗りやす過ぎて、春先に比べると…結果がついてこないですね。3コーナーからダラダラっと来てゴールしてしまった。噛み合わなかったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 30日、船橋競馬場で行われた11R・クイーン賞(Jpn3・3歳上オープン・牝・ダ1800m)は、江田照男騎乗の3番人気、テリオスベル(牝5・美浦・田島俊明)が快勝した。2馬身差の2着に2番人気のグランブリッジ(牝3・栗東・新谷功一)、3着に1番人気のショウナンナデシコ(牝5・栗東・須貝尚介)が入った。勝ちタイムは1:54.4(稍重)。

【JBCレディスクラシック】吉田隼「良い時に戻ってほしい」ショウナンナデシコまさかの3着

素晴らしい持久力で逃げ切る

クイーン賞 レース写真 (C)Hiroki Homma

 3番人気に支持された江田照男騎乗、テリオスベルが嬉しい交流重賞初制覇を飾った。スタートを出て正面スタンド前で押して行き一気にハナへ。さらには2番手にショウナンナデシコがいつでも動けるポジションで追走。テリオスベルはかなりのハイペースで飛ばしていき、それでも直線で粘り込んでの快走で、2着に追い込んだグランブリッジに2馬身差をつけて堂々逃げ切った。ショウナンナデシコは勝負どころで手応えが厳しくなり、3着に粘り込むのが精一杯だった。

テリオスベル 28戦6勝
(牝5・美浦・田島俊明)
父:キズナ
母:アーリースプリング
母父:クロフネ
馬主:鈴木美江子
生産者:野坂牧場

【全着順】
1着 テリオスベル
2着 グランブリッジ
3着 ショウナンナデシコ
4着 ホウオウピースフル
5着 リネンファッション
6着 コスモポポラリタ
7着 サルサレイア
8着 レディオスター
9着 ロカマドール
10着 ミスティネイル
11着 コーラルツッキー
12着 ビックバレリーナ
13着 クレールアドレ
14着 ハピネスマインド

コメントを書く

コメント
名前

※誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください