競馬ニュース 競馬ニュース

【北海道スプリントC】落合「プレッシャー感じていた」ダンシングプリンスが逃げ切りV

地方競馬

2022/6/2 20:38

(C)Yushi Machida

 2日、門別競馬場で行われた交流G3・北海道スプリントは、2番人気のダンシングプリンスが見事な逃げ切りV。サウジアラビア帰りの帰国初戦だったが、いきなりスピード能力全開でライバルを寄せつけなかった。

北海道スプリントカップ、勝利ジョッキーコメント
1着 ダンシングプリンス
落合玄太騎手
「馬が強いのは分かっていたんですけど、やっぱりプレッシャーも感じていたのでホッとしています。船橋の時に感じたフットワークの良さは今日も感じました。(スタート)上手に出てくれました。スッと行ってくれたんですけど、ちょっとけっこうハイペースで行ってしまったと思うので、最後まで頑張ってくれと思いながら乗っていました。最後までがむしゃらに乗っていたので、ゴール盤切ってから勝ったのを確信しました。最高の気分でした。今日はお集まりいただき、本当にありがとうございます。これからもダンシングプリンス、中央競馬で沢山良いレースしてくれると思うので、また応援してあげてください。よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 2日、門別競馬場で行われた11R・北海道スプリントカップ(Jpn3・3歳上オープン・ダ1200m)は、落合玄太騎乗の2番人気、ダンシングプリンス(牡6・美浦・宮田敬介)が勝利した。クビ差の2着に3番人気のスマートダンディー(牡8・栗東・石橋守)、3着に1番人気のリュウノユキナ(牡7・美浦・小野次郎)が入った。勝ちタイムは1:10.6(重)。

北海道スプリントカップ写真

重賞3勝目

(C)ホッカイドウ競馬

 2番人気に支持された落合玄太騎乗、ダンシングプリンスが見事に逃げ切りを決めて4連勝。重賞3勝目を飾った。2月末のサウジアラビアでリヤドダートスプリントを制して以来の帰国初戦。世界の強豪を相手に逃げ切ったスピードは伊達ではなく、今回もスタートから先手を取る積極策で見事に押し切った。2着には後方からしぶとく伸びたスマートダンディー、3着には1番人気のリュウノユキナ、4着には武豊騎乗、ヒロシゲゴールドが入り、JRA勢が上位を独占した。

ダンシングプリンス 14戦10勝
(牡6・美浦・宮田敬介)
父:パドトロワ
母:リトルブレッシング
母父:バブルガムフェロー
馬主:吉田千津
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ダンシングプリンス
2着 スマートダンディー
3着 リュウノユキナ
4着 ヒロシゲゴールド
5着 スティールペガサス
6着 ハートプレイス
7着 メイショウミズカゼ
8着 ヴォーガ
9着 フジノパンサー
10着 アザワク

コメントを書く

コメント
名前

※誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください