【白山大賞典】勝ちタイム、売り上げともにレコードを記録

(C)石川県競馬事務局

 本日9月22日に、金沢競馬場で行われた第41回白山大賞典(Jpn3)競走において、川田将雅騎手騎乗のメイショウカズサ号(牡4・安達昭夫厩舎)が、距離2100m戦におけるレコードタイム、2分10秒3を記録した。

【白山大賞典】川田「気持ちの波が大きい馬」メイショウカズサが逃げ切りV

レコードを更新

 これまでの同距離でのレコードタイムは、平成30年10月2日の第38回白山大賞典(Jpn3)競走で内田博幸騎手騎乗のグリム号が記録した2分11秒4であり、今回はこれを1.1秒上回ったことになる。

 また、同競走の売得金額についても、5億2958万7000円と売得金額のレコードを更新した。これまでの白山大賞典競走の売得金額レコードは、令和2年9月29日に行われた第40回白山大賞典競走の5億273万4500円だった。

※石川県競馬事業局発表による