【東京6R/2歳新馬】シュヴァルツリーゼが大きなストライドで差し切り!デビュー戦快勝

50

4日、東京競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(芝1800m)で2番人気、藤岡康太騎乗、シュヴァルツリーゼ(牡2・美浦・堀宣行)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にエスコーバタハト(牡2・美浦・菊川正逹)、3着にサンビンガムトン(牡2・美浦・宗像義忠)が入った。勝ちタイムは1:53.4(良)。

的場文男が京都競馬デビュー!「本当に緊張した1鞍でした」

圧倒的1番人気でオドノヒュー騎乗のヴァンランディ(牡2・美浦・藤沢和雄)は4着敗退。

<<下に続く>>

ハーツクライ産駒のシュヴァルツリーゼ

シュヴァルツリーゼはやや頭の高い走りを見せながら、外目から大きなストライドでゆったりと進出。直線の追い比べでもラスト1ハロンから鋭く伸びてくると、一気に先頭に立ち嬉しいデビュー戦を飾った。

シュヴァルツリーゼ 1戦1勝
(牡2・美浦・堀宣行)
父:ハーツクライ
母:ソベラニア
母父:Monsun
馬主:サンデーレーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム