【ラジオ日本賞】ヒラボクラターシュが抜け出し快勝!

16日、中山競馬場で行われた11R・ラジオ日本賞(3歳上オープン・ダ1800m)で2番人気、内田博幸騎手騎乗、ヒラボクラターシュ(牡3・栗東・大久保龍志厩舎)が、2着に1.1/4馬身差をつけ快勝した。2着にアングライフェン(牡6・栗東・安田隆行厩舎)、3着にヨシオ(牡5・栗東・森秀行厩舎)。勝ちタイムは1:51.4(良)

1番人気のクインズサターン(牡5・栗東・野中賢二厩舎)は4着敗退。

1着のヒラボクラターシュは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬・日曜版」で取り上げた1頭で、同じく担当馬のラテンロックは9着となった。

オープン初Vのヒラボクラターシュ

【ラジオ日本賞】ヒラボクラターシュが抜け出し快勝!
1着ヒラボクラターシュ

ヒラボクラターシュはスタートから先行して2番手の位置をキープ、逃げるヨシオを見る形でレースは進んだ。淡々とペースは流れ直線に向くと、逃げ粘るヨシオを捉えて快勝した。前走ではレパードステークス2着とひと夏を越してしっかりと力をつけた。2着に後方から鋭く追い込んだアングライフェン。

ヒラボクラターシュ 7戦3勝
(牡3・栗東・大久保龍志厩舎)
父:キンシャサノキセキ
母:ヒラボクウィン
母父:ワイルドラッシュ
馬主:平田牧場
生産者:辻牧場

【全着順】
1着 ヒラボクラターシュ
2着 アングライフェン
3着 ヨシオ
4着 クインズサターン
5着 ゴールデンバローズ
6着 アルタイル
7着 サクラルコール
8着 マイネルオフィール
9着 ラテンロック

※主催者発表のものと照らし合わせください