競馬ニュース 競馬ニュース

【ブリーダーズGC】福永「馬に感謝」グランブリッジが抜け出す

地方競馬

2022/8/11 20:54

(C)競馬のおはなし

 11日、門別競馬場で行われた交流G3・ブリーダーズゴールドカップは、直線早め先頭から押し切ったグランブリッジが快勝した。

ブリーダーズGC、勝利ジョッキーコメント
1着 グランブリッジ
福永祐一騎手
「ちょっと仕掛けが早かったので上手に乗れなかったですけど、その分ちょっと馬に負担をかけてしまう形になってしまいました。よく凌ぎきってくれたと思います。斤量も同じ斤量でしたし、立派だったと思います。すごく立ち回りが上手な馬なので、前回は2番手からでしたけども、今日は4番手から砂を被る形でも全く問題なかったですし、状態も今回、前回よりも更に良くなっていましたから、期待以上の走りを見せてくれています。多分この秋は牝馬限定がJBCが目標になると思うんですけど、今日古馬相手に勝ってくれたということで、より自信を持って臨めると思います。祭日の夜遅い時間に沢山の方に来ていただきまして、ありがとうございます。久々にこんなに大勢の方に囲まれて、やっぱり沢山の人の前で競馬が出来るということの喜びを改めて噛みしめています。今日は妻の誕生日ということもあって、家族を犠牲にして来た甲斐がありました(笑)。良い報告が出来そうで、馬に感謝しています。今日はどうもありがとうございました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 11日、門別競馬場で行われた11R・ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3・3歳上オープン・牝・ダ2000m)は、福永祐一騎乗の3番人気、グランブリッジ(牝3・栗東・新谷功一)が勝利した。クビ差の2着に2番人気のプリティーチャンス(牝5・栗東・野中賢二)、3着に1番人気のテリオスベル(牝5・美浦・田島俊明)が入った。勝ちタイムは2:05.3(不良)。

ジャンポケ斉藤 オマタセシマシタ躓くアクシデントも懸命に粘って初の掲示板確保

ゴール前は大接戦

 3番人気に支持された福永祐一騎乗、グランブリッジが早め先頭から押し切る競馬で、前走の関東オークスに続いて交流重賞連勝を飾った。勝負どころで自ら進出していき、4角先頭で直線へ。完全に後続を突き放しにかかり、セーフティリードを奪ったかのようにも思われたが、後方からプリティチャンスが猛追。馬体を併せて並んでゴールしたが、クビ差凌いで勝利した。

グランブリッジ 7戦4勝
(牝3・栗東・新谷功一)
父:シニスターミニスター
母:ディレットリーチェ
母父:ダイワメジャー
馬主:サイプレスホールディングス
生産者:金舛幸夫

【全着順】
1着 グランブリッジ
2着 プリティーチャンス
3着 テリオスベル
4着 キムケンドリーム
5着 サルサレイア
6着 ハギノリュクス
7着 ネーロルチェンテ
8着 ニーズヘッグ
9着 ソーディスイズラヴ
10着 バブルガムダンサー
11着 クレモナ
12着 ノットイェット

コメントを書く

コメント
名前

※誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください