競馬ニュース 競馬ニュース

【帝王賞】岡田師「ハリオ号も自信に繋がる」メイショウハリオが交流G1初制覇

地方競馬

2022/6/29 21:24

(C)Yushi Machida

 29日、大井競馬場で行われた交流G1・帝王賞は、5番人気のメイショウハリオが強豪各馬を外から差し切り、嬉しいタイトルを手にした。断然の1番人気に支持されたテーオーケインズは伸びきれずに4着敗退。

1着 メイショウハリオ
岡田稲男調教師
「これだけの大きなレースを初めての挑戦で勝つというのは非常に喜んでおります、ありがとうございました。良い展開だったと思います。前に行く行きたい馬は行って、その後でまた内の方に入ってという申し分の無い展開で、ジョッキーもそれを狙ったようなことも言っていましたし、見てても良いレースだったと思います。馬の癖も彼はよく知っているので、その時その時の状況でどうにでも対応出来るようなっていう話をしました。(馬の様子は)いつもと変わらず元気な素振りで、ちょっとやんちゃなところも見せながらの装鞍所でした。(次走は)まだそこまでは考えられませんので、またオーナーとじっくりと相談しながら決めたいと思います。このメンバーでこのレースで勝てたというのはやっぱりハリオ号も自信にも繋がると思うので、これからも良いパフォーマンスを大きなレースで見せれたらなと思います。ありがとうございます」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 29日、大井競馬場で行われた11R・帝王賞(Jpn1・4歳上オープン・ダ2000m)は、浜中俊騎乗の5番人気、メイショウハリオ(牡5・栗東・岡田稲男)が勝利した。クビ差の2着に3番人気のチュウワウィザード(牡7・栗東・大久保龍志)、3着に2番人気のオメガパフューム(牡7・栗東・安田翔伍)が入った。勝ちタイムは2:03.3(良)。

 1番人気で松山弘平騎乗、テーオーケインズ(牡5・栗東・高柳大輔)は、4着敗退。

【帝王賞】浜中「理想通りのプラン」メイショウハリオが差し切りV

「理想通りのプラン」

(C)Yushi Machida

 5番人気に支持された浜中俊騎乗、メイショウハリオがダートの強豪を各馬を外からねじ伏せるように差し切った。道中は激しい先行争いを見ながら5番手の位置から直線へ。上手く外へ持ち出して末脚を伸ばし、内から伸びて来たチュウワウィザードとの追い比べを制した。レースを振り返った浜中俊騎手は「自分の馬にとっては理想通りのプランだった」とレースを振り返った。

メイショウハリオ 17戦7勝
(牡5・栗東・岡田稲男)
父:パイロ
母:メイショウオウヒ
母父:マンハッタンカフェ
馬主:松本好雄
生産者:三嶋牧場

【全着順】
1着 メイショウハリオ
2着 チュウワウィザード
3着 オメガパフューム
4着 テーオーケインズ
5着 クリンチャー
6着 ノンコノユメ
7着 スワーヴアラミス
8着 ネオブレイブ
9着 オーヴェルニュ

コメントを書く

コメント
名前

※誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください