競馬ニュース 競馬ニュース

【九州ダービー栄城賞】イカニカンが優勝

地方競馬

2022/5/30 18:30

(C)佐賀県競馬組合

 5月29日(日)第9レースで「農林水産大臣賞典 JBC協会・社台SS協賛 DS2022第64回九州ダービー栄城賞(スワーヴリチャード賞)」(サラブレッド系3歳オープン・ダ2000m・1着賞金1000万円)が実施された。

 レースは、マーミンラブが先手を奪うと、ザビッグレディーやタケノサイコウ、ブリュットミレジメなどが続く展開。第3コーナー付近でザビッグレディーが先頭に立ち、同馬をめがけてイカニカンが内から外に進路を取り、さらに内からオリベが差し脚を伸ばし、直線は3頭による戦いに。最後は、外からイカニカン(竹吉徹騎手・真島元徳厩舎)が差し脚を伸ばし、2分14秒5のタイムで優勝。

 1馬身半差の2着にオリベ(岡部誠騎手・手島勝利厩舎)、アタマ差の3着にはザビッグレディー(飛田愛斗騎手・三小田幸人厩舎)が入線。イカニカンを管理する真島元徳調教師は、2016年のドンプリムローズ以来の同競走勝利。騎乗した竹吉徹騎手は九州ダービー栄城賞初勝利を飾った。

【日本ダービー】武豊「ドウデュースと共に世界も含めて頑張りたい」レース後ジョッキーコメント

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 29日、佐賀競馬場で行われた9R・九州ダービー栄城賞(スワーヴリチャード賞3歳オープン・ダ2000m)は、竹吉徹騎乗の6番人気、イカニカン(牡3・佐賀・真島元徳)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にオリベ(牡3・佐賀・手島勝利)、3着に1番人気のザビッグレディー(牝3・佐賀・三小田幸)が入った。勝ちタイムは2:14.5(良)。

 2番人気で山下裕貴騎乗、タケノサイコウ(牡3・佐賀・古賀光範)は、4着敗退。

イカニカン 15戦6勝
(牡3・佐賀・真島元徳)
父:ダノンレジェンド
母:テレビ
母父:メイショウサムソン
馬主:山下良子
生産者:小田牧場

【全着順】
1着 イカニカン
2着 オリベ
3着 ザビッグレディー
4着 タケノサイコウ
5着 シウラグランデ
6着 ラスクミソ
7着 マーミンラブ
8着 ムーンパスゴールド
9着 ストロングブック
10着 アンビション
11着 ブリュットミレジメ
12着 ミヤノトウショウ

コメントを書く

コメント
名前

※誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください