競馬ニュース 競馬ニュース

【安田記念】関係者談話 福永「G1でも十分やれる」

過去の記事

2017/6/4 22:31

ほぼ横並びのスタートからグレーターロンドンがやや立ち遅れ、外から一気にロゴタイプが先手を奪う。サトノアラジンは外目の後方、いつでも動けるポジションで徐々に加速しながら直線をむかえた。内の馬群は密集し、イスラボニータ、エアスピネル、レッドファルクスなど有力馬の前が中々開かず進路を探している中、サトノアラジン外からスパート。内のロゴタイプが粘りこむかと思った最後の数完歩で捉え、悲願のG1制覇となった。 安田記念のレース後コメントは下記の通り 2着 ロゴタイプ(田辺騎手) 「自分の競馬はできました。負けはしたけど...

この記事の全文