競馬コラム 競馬コラム

“誰でも夢を見る資格がある”オーストラリア共有馬主の世界とは?日本の未勝利馬で重賞挑戦も…Rising Sun Syndicate川上鉱介氏に聞く

おはなしコラム

2023/4/10 11:40

左から4番目・川上鉱介氏(写真:川上氏提供)

オーストラリア競馬といえば?そう聞かれたときに、何と答えるだろうか。 最近の日本ではダミアン・レーン騎手の活躍が目立つが、リスグラシューのコックスプレートやメールドグラースのコーフィールドS、古くはデルタブルースのメルボルンCや、クレイグ・ウィリアムズ騎手を思い浮かべる人も多いかもしれない。 そんなオーストラリアでは、日本よりも「馬主になること」がもっと身近。かつてはタクシードライバーが11万円で購買した馬がG1を7勝した例もある。日本に住んでいてもそうしたチャンスがあり、1頭所有するよりも手軽な“共有”を...

この記事の全文