【ポルックスS】ダノンスプレンダーが連覇

 9日、中山競馬場で行われた11R・ポルックスステークス(4歳上オープン・ダ1800m)で1番人気、横山和生騎乗、ダノンスプレンダー(牡6・栗東・安田隆行)が勝利した。ハナ差の2着にクレスコブレイブ(牡8・栗東・飯田雄三)、3着にエイコーン(牡7・栗東・吉田直弘)が入った。勝ちタイムは1:53.2(良)。

 2番人気で戸崎圭太騎乗、ラペルーズ(牡4・美浦・藤沢和雄)は、16着敗退。

【朱竹賞】シルバーステート産駒 リトスが2勝目

ゴール前は大接戦

 1番人気に支持された横山和生騎乗、ダノンスプレンダーがこのレース連覇を達成した。レースでは好位4、5番手で上手く立ち回り直線へ向くと、じわじわと伸びてゴール前は3頭横並びの大接戦に。後方から追い込んだクレスコブレイブとの長い写真判定は、際どいハナ差でダノンスプレンダーに軍配が上がった。

ダノンスプレンダー 17戦6勝
(牡6・栗東・安田隆行)
父:ロードカナロア
母:メジロスプレンダー
母父:シンボリクリスエス
馬主:ダノックス
生産者:レイクヴィラファーム