【中山新春JS】フリーフリッカーが大差圧勝 4頭が競走中止

 8日、中山競馬場で行われた8R・中山新春ジャンプステークス(障害4歳上オープン・3200m)で1番人気、森一馬騎乗、フリーフリッカー(牡8・栗東・安田隆行)が快勝した。大差の2着にマイネルヴァッサー(牡9・美浦・土田稔)、3着にフィードバック(せん6・美浦・鈴木伸尋)が入った。勝ちタイムは3:34.7(稍重)。

 2番人気で北沢伸也騎乗、ノーリミッツ(牡6・栗東・木原一良)は、落馬のため競走中止となっている。

【新馬/中山6R】ヒシイグアス半妹 リヴォリが5馬身差圧勝

人気に応える

 1番人気に支持された森一馬騎乗、フリーフリッカーが大差で圧勝した。レース前半からスムーズに先行して外目を追走、手応え良く早めの競馬で先頭に立つと、後続をグングン突き放していき大差圧勝だった。また、ハルクンノテソーロ、タマノジュメイラ、メイショウタカトラ、ノーリミッツ4頭が競走を中止している。

フリーフリッカー 38戦6勝
(牡8・栗東・安田隆行)
父:トランセンド
母:イコールパートナー
母父:カリズマティック
馬主:ノースヒルズ
生産者:ノースヒルズ