【ジュニアC】インダストリアが楽々突き抜ける

 5日、中山競馬場で行われた10R・ジュニアカップ(L・3歳オープン・芝1600m)で2番人気、戸崎圭太騎乗、インダストリア(牡3・美浦・宮田敬介)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にベルウッドブラボー(牡3・美浦・和田雄二)、3着にモンタナアゲート(牡3・美浦・和田正一郎)が入った。勝ちタイムは1:34.9(良)。

 1番人気で菅原明良騎乗、ロードカテドラル(牡3・美浦・斎藤誠)は6着、3番人気で田辺裕信騎乗、アバンチュリエ(牡3・美浦・大竹正博)は4着敗退。

【招福S】ヴィーダが抜け出す

未勝利からの連勝

【ジュニアC】インダストリアが楽々突き抜ける

 2番人気に支持された戸崎圭太騎乗、インダストリアが豪快な差し脚を披露して2勝目を決めた。スタートから好位で上手く立ち回ったインダストリアが、直線馬場の真ん中から坂を登って一気に突き抜け流すようにゴール。2馬身半差の完勝劇だった。

インダストリア 3戦2勝
(牡3・美浦・宮田敬介)
父:リオンディーズ
母:インダクティ
母父:ハーツクライ
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 インダストリア
2着 ベルウッドブラボー
3着 モンタナアゲート
4着 アバンチュリエ
5着 トーセンヴァンノ
6着 ロードカテドラル
7着 ハッピープリベイル
8着 ガトーフレーズ
9着 ロイヤルザップ