【中山1R】2022年初レースは横山琉が初笑い ニシノアナでV

 5日、中山競馬場で行われた1R・3歳未勝利(ダ1200m)で4番人気、横山琉人騎乗、ニシノアナ(牝3・美浦・相沢郁)が勝利した。クビ差の2着にトラストパッキャオ(牝3・美浦・高木登)、3着に1番人気のマイネルシトラス(牡3・美浦・武市康男)が入った。勝ちタイムは1:12.5(良)。

 2番人気で戸崎圭太騎乗、ペルペテュエル(牡3・美浦・武藤善則)は、8着敗退。

【ジュニアC】インダストリアが楽々突き抜ける

クビ差凌ぐ

 4番人気に支持された横山琉人騎乗、ニシノアナが2022年オープニングレースを制した。スタートからダッシュを効かせて2番手の位置で流れに乗ると、最後まで逃げ馬との攻防となり、しぶとくクビ差交わしてゴールした。

ニシノアナ 5戦1勝
(牝3・美浦・相沢郁)
父:ドレフォン
母:レッドセイリング
母父:ゼンノロブロイ
馬主:西山茂行
生産者:杵臼牧場