地方競馬1競走および1開催日あたりの売得金額のレコード更新

(C)Yushi Machida

 12月29日(水)に大井競馬場で行われた第67回東京大賞典(GⅠ)の売得金額および大井競馬1日あたりの売得金額が下記の通りとなり、地方競馬1競走および1開催日の売得金額レコードを更新した。

 なお、1開催日あたりの売得金額が100億円を超えるのは地方競馬史上初となる。

【東京大賞典】オメガパフューム史上初の4連覇達成

地方競馬史上初

地方競馬1競走および1開催日あたりの売得金額のレコード更新
(C)Yushi Machida

●地方競馬1競走あたりの売得金額レコード
・2021年12月29日(水)
 第67回東京大賞典(GⅠ)
 69億5320万8900円

●地方競馬1開催日あたりの売得金額レコード
・2021年12月29日(水)
 104億4805万4290円(SPAT4LOTOを含む)

※従来の記録
地方競馬1競走あたりの売得金額レコード
・2020年12月29日(火)
 第66回東京大賞典(GⅠ)
 60億7444万7400円

地方競馬1開催日あたりの売得金額レコード
・2019年12月29日(日)
 大井競馬(東京大賞典施行日)
 92億5853万8550円(SPAT4LOTOを含む)

※NAR地方競馬全国協会発表による