【中山7R】タヤスゴールドが逃げ切りで2勝目

 25日、中山競馬場で行われた7R・2歳1勝クラス(ダ1200m)で1番人気、江田照男騎乗、タヤスゴールド(牡2・美浦・岩戸孝樹)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にウィンダミア(牡2・美浦・林徹)、3着にロープスピニング(牝2・美浦・武藤善則)が入った。勝ちタイムは1:11.0(稍重)。

 2番人気で横山和生騎乗、フロイトセンス(牡2・栗東・清水久詞)は、16着敗退。

【新馬/中山6R】コパノリッキー産駒 アローワンが大差圧勝

プリサイスエンド産駒

 1番人気に支持された江田照男騎乗、タヤスゴールドが嬉しい2勝目をマークした。スタートではややダッシュが鈍く置かれ加減となるも、外目から押して行き一気に先頭へ。前半で10秒台を2度踏むハイペースで飛ばしていったが、後続とのリードは大きく力で逃げ切った。

タヤスゴールド 3戦2勝
(牡2・美浦・岩戸孝樹)
父:プリサイスエンド
母:ラブレインボー
母父:フレンチデピュティ
馬主:横瀬兼二
生産者:上山牧場