【ひいらぎ賞】ティーガーデンが2連勝

 18日、中山競馬場で行われた9R・ひいらぎ賞(2歳1勝クラス・芝1600m)で3番人気、横山武史騎乗、ティーガーデン(牡2・美浦・萩原清)が勝利した。クビ差の2着にロードカテドラル(牡2・美浦・斎藤誠)、3着にアンクロワ(牝2・美浦・伊坂重信)が入った。勝ちタイムは1:35.1(稍重)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、ダノンティアラ(牝2・美浦・大竹正博)は7着、2番人気で田辺裕信騎乗、エンタングルメント(牝2・栗東・昆貢)は4着敗退。

【新馬/中山6R】キングカメハメハ産駒 タヒチアンダンスが大差圧勝V

ドゥラメンテ産駒

 3番人気に支持された横山武史騎乗、ティーガーデンが2連勝を飾った。道中は5番手付近、馬群の真ん中で折り合い良くポジションをキープ。終始好位で上手く立ち回ると、直線馬場の三分どころから前を伺い、ゴール寸前でしぶとく抜け出した。

ティーガーデン 3戦2勝
(牡2・美浦・萩原清)
父:ドゥラメンテ
母:ルミナスパレード
母父:シンボリクリスエス
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム