【新馬/中山4R】断然人気 フロイトセンスがデビューV

 5日、中山競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(ダ1200m)で1番人気、横山和生騎乗、フロイトセンス(牡2・栗東・清水久詞)が快勝した。5馬身差の2着にリンクスアイ(牝2・美浦・土田稔)、3着にキセキノセンシ(牡2・美浦・尾関知人)が入った。勝ちタイムは1:13.2(良)。

 2番人気で菊沢一樹騎乗、ミッキージェンヌ(牝2・美浦・菊沢隆徳)は、11着敗退。

ストリートセンス産駒

 断然の人気に支持された横山和生騎乗、フロイトセンスが嬉しいデビューVを飾った。レースではスピードの違いでハナへ。終始楽な手応えで直線まで運ぶと、軽く仕掛けられて後続を突き放しにかかった。ラストは流すような走りで5馬身差の圧勝だった。

フロイトセンス 1戦1勝
(牡2・栗東・清水久詞)
父:Street Sense
母:Fenwick Hall
母父:Freud
馬主:林正道
生産者:Final Furlong Racing Stable