【ステイヤーズS】暮れのマラソンレースを制したのはディバインフォース

 4日、中山競馬場で行われた11R・ステイヤーズステークス(G2・3歳上オープン・芝3600m)で6番人気、田辺裕信騎乗、ディバインフォース(牡5・栗東・寺島良・担当装蹄師/西内荘)が勝利した。1/2馬身差の2着にアイアンバローズ(牡4・栗東・上村洋行)、3着にシルヴァーソニック(牡5・栗東・池江泰寿)が入った。勝ちタイムは3:47.6(良)。

 1番人気で大野拓弥騎乗、カウディーリョ(牡5・美浦・堀宣行)は7着、2番人気で横山武史騎乗、トーセンカンビーナ(牡5・美浦・加藤征弘)は4着、3番人気で三浦皇成騎乗、ヴァルコス(牡4・栗東・友道康夫)は8着敗退。

【チャレンジC】ソーヴァリアントが圧巻の走りで重賞初制覇

重賞初制覇

 暮れの名物、マラソンレースを制したのは6番人気に支持された田辺裕信騎乗、ディバインフォースだった。長い長い道中は中団後方でほぼ死んだフリ。しっかり末脚を温存して勝負どころから一気に進出、直線では外から鋭く差し脚を伸ばして見事に差し切った。

ディバインフォース 23戦4勝
(牡5・栗東・寺島良・担当装蹄師/西内荘)
父:ワークフォース
母:ツクバビューティ
母父:ゼンノロブロイ
馬主:吉田晴哉
生産者:追分ファーム

【全着順】
1着 ディバインフォース
2着 アイアンバローズ
3着 シルヴァーソニック
4着 トーセンカンビーナ
5着 ゴースト
6着 マンオブスピリット
7着 カウディーリョ
8着 ヴァルコス
9着 アドマイヤアルバ
10着 バレリオ
11着 ボスジラ
12着 アスティ
13着 セダブリランテス