【新馬/中山5R】イスラボニータ産駒 ピンクセイラーがデビューV

(C)スポニチ

 4日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1200m)で7番人気、横山和生騎乗、ピンクセイラー(牝2・美浦・小笠倫弘)が快勝した。3馬身差の2着にウインエイムハイ(牡2・美浦・畠山吉宏)、3着にウインソフィー(牝2・美浦・青木孝文)が入った。勝ちタイムは1:09.5(良)。

 1番人気で菅原明良騎乗、チャイムリープ(牝2・美浦・高木登)は6着、2番人気で横山琉人騎乗、アリビオ(牝2・美浦・相沢郁)は5着敗退。

【ステイヤーズS】暮れのマラソンレースを制したのはディバインフォース

3馬身差完勝

 7番人気に支持された横山和生騎乗、ピンクセイラーが嬉しいデビューVを飾った。スタートからダッシュを決めてハナを奪う形に。3コーナー過ぎから徐々に後続を突き放しにかかり手応え良く直線を迎えると、最後まで余裕ある走りで完勝。3馬身差をつけてスピードの違いを見せた。

ピンクセイラー 1戦1勝
(牝2・美浦・小笠倫弘)
父:イスラボニータ
母:ヴィーナスベルト
母父:コンデュイット
馬主:岡田牧雄
生産者:岡田スタツド