【武豊日記】今週もG1レースが続きます

(C)Yushi Machida

 ジャパンカップは、待ち焦がれていたジャパンの背中でコントレイルの素晴らしい走りを見送ることになりました。ゴールを過ぎてから福永騎手が珍しくほえていましたし、大仕事をした達成感はよく理解できます。心からおめでとうと言わせてもらいました。

 初めてまたがったジャパンは、なんとも言えないほど気品のある素晴らしい馬でした。ただ、本当の旬は過ぎていた感があり、2年前の凱旋門賞(直前に出走取り消し)で乗っていたらどうだったんだろうとか、色々思わせてくれました。あんな素晴らしい馬とのご縁を繋いでくださった松島オーナーにも感謝です。

【武豊日記】オブライエン調教師の馬に乗れるというワクワク感

チャンピオンカップはインティ

 今週もG1レースが続きます。チャンピオンズカップは、2年連続3着のインティに騎乗。一昨年は逃げて、昨年は2番手から。その間、勝つことができずに来ていますが、手の内は広がっています。なんでもできるようになったインティですから、枠順が出てから十分に戦略を練って臨みます。まだ、旬は過ぎていないと信じたいです。

(C)武豊オフィシャルサイト