【アンドロメダS】ラーゴムが復活の勝利!ハナ差V

 20日、阪神競馬場で行われた11R・アンドロメダステークス(L・3歳上オープン・ハンデ・芝2000m)で4番人気、池添謙一騎乗、ラーゴム(牡3・栗東・斉藤崇史)が勝利した。ハナ差の2着に1番人気のボッケリーニ(牡5・栗東・池江泰寿)、3着にプレシャスブルー(牡7・美浦・相沢郁)が入った。勝ちタイムは1:59.8(良)。

 2番人気で岩田望来騎乗、ファルコニア(牡4・栗東・高野友和)は4着、3番人気で松山弘平騎乗、ダノンマジェスティ(牡6・栗東・音無秀孝)は6着敗退。

【新馬/阪神6R】プリサイスエンド産駒 クローズユアアイズがデビューV

ゴール前は接戦

 4番人気に支持された池添謙一騎乗、ラーゴムが復活の勝利を飾った。今年2月のきさらぎ賞で重賞V以降は4戦連続二桁着順と調子を落としていたが、このレースでは走りが一変。前半からやや行きたがるような行きっぷりを見せて、直線では外からしっかりとした差し脚で、人気のボッケリーニーとの追い比べをハナ差制した。

ラーゴム 9戦3勝
(牡3・栗東・斉藤崇史)
父:オルフェーヴル
母:シュガーショック
母父:Candy Ride
馬主:林正道
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ラーゴム
2着 ボッケリーニ
3着 プレシャスブルー
4着 ファルコニア
5着 アドマイヤポラリス
6着 ダノンマジェスティ
7着 メイショウオーパス
8着 コスモカレンドゥラ
9着 ベレヌス
10着 アトミックフォース
11着 シフルマン
12着 アールスター
13着 マイネルサーパス
14着 マイネルフラップ
15着 グレンガリー
16着 ウインアグライア