【エリザベス女王杯】幸「思ったより早く前を捕まえた」アカイイトが波乱を演出

(C)スポニチ

 14日、阪神競馬場で行われたG1・エリザベス女王杯は、10番人気の伏兵アカイイトが抜け出して完勝。人気各馬は総崩れで3連単330万超の大波乱となった。

エリザベス女王杯、勝利ジョッキーコメント
1着 アカイイト
幸英明騎手
「本当に嬉しいです。調教で乗せていただいた時に少し馬がムキになりやすいというか、その辺でちょっと今日は折り合いを気を付けようと思っていました。ちょっとゲートを上手く出せなかったのでどうかなと思ったんですけど、向正面入った時には大体イメージ通りの位置を取れました。最後は絶対に伸びてくれるというのを信じて、ちょっと早め早めに、やっぱりG1なので阪神の内回りということもあって早めに長く脚を使わせたいというイメージで乗りました。思ったよりも早く前を捕まえて、最後一頭になっていたので、もう後は必死に追っていました。後ろとの着差も必死過ぎて分かっていないんですけど、本当に頑張ってくれました。今日G1勝てたことで、またこれからもどんどん頑張ってくれると思いますので、楽しみです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 14日、阪神競馬場で行われた11R・エリザベス女王杯(G1・3歳上オープン・牝・芝2200m)で10番人気、幸英明騎乗、アカイイト(牝4・栗東・中竹和也)が快勝した。2馬身差の2着にステラリア(牝3・栗東・斉藤崇史)、3着にクラヴェル(牝4・栗東・安田翔伍)が入った。勝ちタイムは2:12.1(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、レイパパレ(牝43・栗東・高野友和)は6着、2番人気で戸崎圭太騎乗、アカイトリノムスメ(牝3・美浦・国枝栄)は7着、3番人気で横山武史騎乗、ウインマリリン(牝4・美浦・手塚貴久)は16着敗退。

【福島記念】菱田「すごい勢いで行ってくれた」パンサラッサが鮮やかな逃げ切り

キズナ産駒はG1初制覇

【エリザベス女王杯】幸「思ったより早く前を捕まえた」アカイイトが波乱を演出
(C)Yushi Machida

 10番人気の伏兵、幸英明騎乗のアカイイトが並み居る強豪を破って大金星を飾った。レースでは後方でじっくりと末脚を温存し、勝負どころから外を通って堂々と進出。直線入り口から先に抜け出しを図った1番人気のレイパパレを射程圏に入れて末脚を爆発させた。ラスト100m付近から先頭に立ち、後続に2馬身差をつける完勝だった。2着に7番人気のステラリア、3着に9番人気のクラヴェルが入り、3連単は339万3960円の大波乱となっている。

アカイイト 20戦5勝
(牝4・栗東・中竹和也)
父:キズナ
母:ウアジェト
母父:シンボリクリスエス
馬主:岡浩二
生産者:辻牧場

【全着順】
1着 アカイイト 幸英明
2着 ステラリア 松山弘平
3着 クラヴェル 横山典弘
4着 ソフトフルート 岩田望来
5着 イズジョーノキセキ 和田竜二
6着 レイパパレ C.ルメール
7着 アカイトリノムスメ 戸崎圭太
8着 デゼル 武豊
9着 ランブリングアレー 吉田隼人
10着 ウインキートス 丹内祐次
11着 テルツェット M.デムーロ
12着 ムジカ 秋山真一郎
13着 コトブキテティス 柴田善臣
14着 リュヌルージュ 富田暁
15着 シャムロックヒル 団野大成
16着 ウインマリリン 横山武史
17着 ロザムール 池添謙一