【武豊日記】父も天上で祝杯をあげたことでしょう

(C)Yushi Machida

 先週は武幸四郎厩舎のウォーターナビレラがファンタジーSを勝利。弟が手がけた馬に乗って重賞を勝ったのは初めてで、「母親が喜んでいるでしょう」と言ったのはそのままの気持ちです。冠名ウォーターの山岡オーナーとは先代からの長いお付き合いで、父である武邦彦厩舎はもちろん、ボクの師匠である武田作十郎厩舎からという歴史の深さ。母も喜んでいるでしょうし、亡くなった父も天上で祝杯をあげたことでしょう。

【武豊日記】いつかはこの馬で重賞を獲れるんじゃないかな

BC2勝に興奮

 日曜日の早朝は、ブリーダーズカップの日本馬2勝に興奮させられました。フィリーアンドメアターフ(芝11ハロン)を勝ったラヴズオンリーユーはもちろん快挙ですが、ディスタフ(ダート9ハロン)を勝ったマルシュロレーヌは文字通りに大快挙。このレースを勝った馬が米国の年度代表古牝馬に選出されると言われているほどの大一番で、マルシュロレーヌがその座に就く可能性もあるでしょう。超ハイペースが向いたとはいえ、日本馬が米国のダートG1を勝ったのは史上初で、驚きました。矢作芳人調教師のチャレンジャー精神に、心より敬意を表したいです。

 今週は、阪神で行われるエリザベス女王杯です。ボクが騎乗する予定のデゼルは、近況から伏兵扱いでしょうが、血筋の良さでは負けません。挑戦あるのみです。

(C)武豊オフィシャルサイト