【BCディスタフ】マルシュロレーヌが海外ダートG1勝利で快挙

マルシュロレーヌ:ブリーダーズGC優勝時 (C)Yushi Machida

 現地時間6日、デルマー競馬場で行われたブリーダーズカップディスタフ(G1・3歳以上・牝・ダ1800m)で、日本から参戦したマルシュロレーヌ(牝5・JPN・矢作芳人)が、O.マーフィー騎手で出走し、見事1着でゴールした。

【BCマイル】ヴァンドギャルドは12着敗退 勝ったのはスペースブルース

日本牝馬で海外ダートG1は初勝利

 ダートの本馬アメリカで、マルシュロレーヌが勝利し、またしても日本馬が快挙を達成した。矢作芳人厩舎は、BCフィリー&メアターフで、ラヴズオンリーユーが勝利したばかり。1日にBC2勝と日本の競馬史に刻まれる勝利となった。レースでは後方3番手でじっくりと運んだが、縦長で進んだ隊列は徐々詰まっていき、早め早めの競馬でまさかの4角先頭で直線を迎えた。しぶとい末脚で先頭を守り抜き、ラストは2着馬との壮絶な追い比べを、僅かハナ差制してゴールへ飛び込んだ。

 2着にダンバーロード(牝5・USA・C.ブラウン)、3着にマラサート(牝3・USA・T. プレッチャー)が入った。勝ちタイムは1:47.67(良)。