【BCフィリー&メアターフ】川田「誇りに思います」ラヴズオンリーユーが歴史的V

写真:AP/アフロ

 現地6日、デルマー競馬場で行われたG1・ブリーダーズカップフィリー&メアターフは、日本から参戦したラヴズオンリーユーが日本調教馬として史上初のBC競走初制覇を飾り、日本競馬史に刻まれる快挙となった。

BCフィリー&メアターフ、勝利ジョッキーコメント
1着 ラヴズオンリーユー
川田将雅騎手のコメント
「なかなかきつい流れで思い通りではありませんでしたが、最善を尽くせたと思います。最後の直線も良いコースを走ってくれて、しっかりと勝ち切ってくれました。本当に嬉しいです。興奮して覚えてはいませんが、ゴール板を通過した後は思わず拳を握ってしまったかもしれません。今回の遠征にあたり、日本の関係者やファンの想いを叶えることができて嬉しく思います。関係者の皆様に感謝したいです。また、この舞台に立つことができて誇りに思います」

矢作芳人調教師のコメント
「海外遠征に来てこれほど順調に来られるようなことはなかなかありませんし、力的にもラヴズオンリーユーは一番強いと思っていましたので、自信をもって送り出しました。道中は厳しい位置取りになってしまいましたし、レース展開も決して良いものではありませんでした。それだけに馬の強さが際立っていたと思います。ジョッキーも非常にガッツある騎乗でしたし、一緒に勝つことができてこんなに嬉しいことはありません。日本で弟子の坂井瑠星が重賞を勝って、良い勢いをつけてくれました。アメリカ最大の競馬の祭典であるブリーダーズカップで日本の競馬の力を見せることができて良かったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 現地時間6日、デルマー競馬場で行われたブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1・3歳以上・牝・芝2200m)で、日本から参戦したラヴズオンリーユー(牝5・JPN・矢作芳人)が川田将雅騎手で出走し見事優勝した。2着にマイシスターナット(牝6・USA・C.ブラウン)、3着にウォーライクゴッデス(牝4・USA・W.モット)が入った。勝ちタイムは2:13.87(良)。

【BCマイル】福永「悔いが残る」ヴァンドギャルドは12着敗退

日本調教馬史上初の勝利

 ラヴズオンリーユーと川田将雅騎手が日本競馬史に新しい歴史を刻んだ。レースでは好スタート切って、スッと先行4、5番手の位置へ。先行各馬を見ながら勝負どころを迎えるも、ぎゅっと凝縮した狭い馬群の中で虎視眈々と機を伺った。直線では進路を探しながら狭い隙間を力強く割って抜け出し、栄光のゴールへ飛び込んだ。

ラヴズオンリーユー 15戦7勝
(牝5・栗東・矢作芳人)
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
馬主:DMMドリームクラブ
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ラヴズオンリーユー
2着 マイシスターナット
3着 ウォーライクゴッデス
4着 ラブ
5着 アウダーリャ
6着 オーシャンロード
7着 ルジール
8着 ポケットスクエア
9着 アカネラ
10着 ドッグタグ
11着 ゴーイングトゥベガス
12着 クイーンスプリーム