【BCダートマイル】福永「3コーナーあたりから苦しくなった」日本勢敗退

ジャスパープリンス(写真:4歳上1000万下レース時)

 現地時間6日、デルマー競馬場で行われたブリーダーズカップダートマイル(G1・3歳上・ダ1600m)で、I.オルティスJr騎乗、ライフイズグッド(牡3・USA・T.プレッチャー)が勝利した。2着にジノービリ(せん4・USA・R.バルタス)、3着にリストレインドベンジェンス(せん6・USA・V.ブリンカーホフ)が入った。勝ちタイムは1:34.12(良)。

【BCフィリー&メアターフ】川田「誇りに思います」ラヴズオンリーユーが歴史的V

果敢に先行するも…

 日本から参戦した川田将雅騎乗のピンシャン、福永祐一騎乗のジャスパープリンスは、勝負どころから徐々に苦しくなっていき後退。ピンシャンは7着、ジャスパープリンスは8着に敗れた。前半から非常にタフなスピード勝負で厳しい流れとなり、最後は余力が残っていなかった。

【全着順】
1着 ライフイズグッド
2着 ジノービリ
3着 リストレインドベンジェンス
4着 エイトリングズ
5着 シルヴァーステート
6着 スナッパーシンクレア
7着 ピンシャン
8着 ジャスパープリンス

レース後、ジョッキーコメント
7着 ピンシャン
川田将雅騎手
「アメリカでの競馬ですので前に行く競馬がしたかったのですが、前目のポジションが取れませんでした。3コーナーあたりからついて行けず、アメリカのダート馬の強さを実感しました。馬は良い調子でしたし、一生懸命走ってくれました」

8着 ジャスパープリンス
福永祐一騎手
「途中まで勝馬をマークする形で行けましたが、3コーナーあたりから苦しくなってしまいました。馬は頑張ってくれました」

森秀行調教師
「前半が44秒台でかなりのハイペースでした。途中までは良い感じでレースを運べていましたが、1000m通過あたりでいっぱいいっぱいになってしまいました。2頭とも調子も良かったので残念ですが、馬たちは頑張ってくれました」