【ブリーダーズカップジュベナイル】福永「タフな競馬」日本のジャスパーグレイトは10着

 現地時間5日、デルマー競馬場で行われたブリーダーズカップジュベナイル(G1・2歳・牡・せん・ダ1700m)でM.スミス騎乗、コーニッシュ(牡2・米・B.バファート)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にパパキャップ(牡2・米・M.キャシー)、3着にジャイアントゲーム(牡2・米・D.ローマンズ)が入った。勝ちタイムは1:42.50(良)。

2021ブリーダーズカップのテレビ・ラジオ中継

後方で見せ場作れず…

 日本から参戦したジャスパーグレイトは見せ場なく10着に敗れた。スタートではあまりダッシュが効かずに後方2番手から運ぶ展開に。向こう正面で押し上げていく姿勢を見せたが、勝負どころからは前との差が詰まって行かずに直線へ向くと、脚色変わらずそのままラチ沿いを流れ込むようにゴールした。

【全着順】
1着 コーニッシュ
2着 パパキャップ
3着 ジャイアントゲーム
4着 コマンドパフォーマンス
5着 オヴィアットクラス
6着 パインハースト
7着 アメリカンサンクチュアリ
8着 ダブルサンダー
9着 バロッサ
10着 ジャスパーグレイト
11着 タフトゥテイム
(出走取消)ジャッククリストファー
 
10着 ジャスパーグレイト
福永祐一騎手
「「パドックやスタンドにたくさん人がいたこともあり、レース前に少しナーバスになってしまいました。前走とは異なり、他馬に揉まれるタフな競馬でしたが、馬にとっては良い経験になったと思います」

森秀行調教師
「ゲート内で馬が緊張していたようで、良いスタートが切れませんでした。3コーナー過ぎまで良いリズムで走ってくれていましたが、少し疲れてしまったようです。馬はよく頑張ってくれていたと思います」