【JBCクラシック】松山「スタートを上手く出れなくて…」レース後ジョッキーコメント

(C)Yushi Machida

 3日、金沢競馬場で行われた交流G1・JBCクラシックは、船橋所属のミューチャリーがJRA勢を撃破して大金星を飾った。同レースでは史上初となる地方馬の勝利。場内からは大きな拍手がミューチャリーと吉原寛人騎手に送られた。

JBCクラシック、レース後ジョッキーコメント
1着 ミューチャリー
吉原寛人騎手
「信じられないです。こんな日が来るんですね。オーナー・矢野先生と白山大賞典から乗せていただいて、馬の感触をしっかりと掴むことが出来たので、本当に感謝しています。前回の白山大賞典の時よりも返し馬の動きが全然違ったので、これはちょっと良い動きするなという感触があったので、スタートきめて、なるべくカジノフォンテンの近くに居たいなというのは気持ちにあったんですけど、一番絶好のカジノフォンテンの並びで居れることが出来たので、手応えも抜群でしたのでもうこのまま直線まで行ってくれという気持ちでした。4コーナー直線向いてもすごい手応え良かったので、ミューチャリーが一生懸命走ってくれてちょっと鳥肌が立つくらいの脚を使ってくれたので、これは他の馬には交わさせないぞというそれぐらいの手応えはあったので、本当に強い競馬でした。そのままガッツポーズ出ましたけど、僕もテンパっちゃって雑なガッツポーズになりましたけど、本当にミューチャリーには感謝したいと思います。今日は本当に金沢のJBC開催と言うことで本当に沢山の方が来ていただいて、そしてモニターでも応援していただいて、注目していただいて金沢こんなに凄いところだぞという所を見せれて本当に良かったと思います。引き続きこれからも金沢競馬をよろしくお願いします」

矢野義幸調教師
「嬉しいです。ホッとしています。前走を踏まえて吉原騎手にも色々聞いて悪いところをケアしました。前哨戦を走ってキチッと仕上げ出来たと思います。位置どりとしてはちょっと前目だったので心配はしていたのですが、抜群のコースどりだったとは思います。(直線では)机が割れるくらい叩きました(笑)。次走は東京大賞典の予定です。これからもミューチャリーと共にしっかりやって行きたいと思っています。応援よろしくお願いします」

2着 オメガパフューム
M.デムーロ騎手
「ゲートの中でもちょっとイライラしていました。元々スタートの速くない馬ですが、今日もちょっと遅かったです。手応えはずっと良かったですが、3、4コーナーで良いところに行けて、直線では捕まえられそうだと思ったのですが残念です」

3着 チュウワウィザード
戸崎圭太騎手
「骨折明けで状態どうかなという感じはしてましたが、良い感じで走ってくれたかなと思います。久しぶりでしたが、返し馬の感じでは良い状態だと思いました。小回りでも上手な競馬をしてくれて手応えも良かったと思います。元々叩いて良いタイプだと思うので、次のレースが更に良くなるんじゃないかなと期待しています」

4着 テーオーケインズ
松山弘平騎手
「スタートを上手く出れなくて、そこからちょっとリズムが悪かったかなと思います。仕上がりは問題なかったかなと思います。前走広いコースで強い勝ち方をしていますし、小回りよりは大きいコースの方が得意な馬かなと思います」

5着 ケイティブレイブ
内田博幸騎手
「スタートがイマイチだったのですが、外枠もあって自分のリズムで行ったのは良かったと思います。出来れば3番手くらいがと思っていたのですが、そこはこだわらず、馬体の大きい馬なのであまり窮屈な競馬をさせないように心掛けました。小回りにしては脚の捌きが機敏なところが欲しいなと思いましたが、年齢も重ねてきていて、今日は力のあるところは見せてくれたんじゃないかなと思います」

張田「馬場も合わなかった」

【JBCクラシック】松山「スタートを上手く出れなくて…」レース後ジョッキーコメント
(C)Yushi Machida

6着 カジノフォンテン
張田昴騎手
「リズム良く行けたんですが、馬場も合わなかったです。休み明けのこの距離が響きました」

7着 ダノンファラオ
横山武史騎手
「いつも中立が悪くて今日も悪かったんですが、なんとかタイミング良く切れて、スムーズでしたので行く選択をしました。小回りが、すごくコーナーが難しかったですし気をつけながら回りました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3日、金沢競馬場で行われた10R・JBCクラシック(Jpn1・3歳上オープン・ダ2100m)で6番人気、吉原寛人騎乗、ミューチャリー(牡5・船橋・矢野義幸)が快勝した。1/2馬身差の2着にオメガパフューム(牡6・栗東・安田翔伍)、3着にチュウワウィザード(牡6・栗東・大久保龍志)が入った。勝ちタイムは2:13.1(良)。

 1番人気で松山弘平騎乗、テーオーケインズ(牡4・栗東・高柳大輔)は、4着敗退。

交流G1初制覇

【JBCクラシック】松山「スタートを上手く出れなくて…」レース後ジョッキーコメント
(C)Yushi Machida

 場内からは大きな拍手。検量室前では鞍上の吉原寛人騎手が開口一番に「やったー」と喜びの声をあげた。勝負どころから積極的に押し上げていき、直線では後方からの迫ったオメガパフューム以下を完封。悲願の交流G1初制覇となった。

ミューチャリー 23戦8勝
(牡5・船橋・矢野義幸)
父:パイロ
母:ゴッドビラブドミー
母父:ブライアンズタイム
馬主:石瀬丈太郎
生産者:芳住鉄兵

【全着順】
1着 ミューチャリー
2着 オメガパフューム
3着 チュウワウィザード
4着 テーオーケインズ
5着 ケイティブレイブ
6着 カジノフォンテン
7着 ダノンファラオ
8着 テーオーエナジー
9着 シゲノブ
10着 トップロイヤル
11着 グリードパルフェ
12着 マイネルパイオニア