【JBCスプリント】松山「自分の形の競馬は出来た」レース後ジョッキーコメント

(C)Yushi Machida

 3日、金沢競馬場で行われた交流G1・JBCスプリントは、1番人気に支持されたレッドルゼルが快勝。直線では馬場の重い最内を突いて差し脚を伸ばし、見事なパワーと末脚を発揮した。

JBCスプリント、レース後ジョッキーコメント
1着 レッドルゼル
川田将雅騎手
「(内が少し重いことが聞いていましたか?)はい、もちろんです。以前のレースも見ていますし、白山大賞典の時も乗せてもらっていますし、レディスクラシックでも乗っていますので。(通った所は)重い所だと思います。ただ、この馬自身はそれくらいの深さでも十分こなせるパワーを持っていますので、外を回すよりはあそこを回る方がベターかなと選択しました。返し馬の段階から具合はとても良かったですし、やはり前回久々を走ったことで、今回とても良い状態で競馬場に来てくれていたので、自信を持って力通りの競馬をしようという思いで乗ってきました。海外でも実績を上げた馬ですから、国内でこのメンバーであれば状態さえまともであれば負けることはないという自信を持っていますので、それ通りの走りを見せることが出来て良かったなと思います。レディスクラシックとスプリントと両方とも馬が頑張ってくれまして、皆さんの期待に応える走りをしてくれたんじゃないかなと思います」

安田隆行調教師
「馬の状態が本当にすごく良かったので、本当に期待していたんですけど、この馬にとって4つのカーブというのは初めてだったので、それだけ心配はしていました。上がってきてジョッキーのコメント聞いて全く問題無いと。良い言葉を聞いて嬉しかったです。前回、大井で使った時まだ夏負けが尾を引いていたのですが、あれを1回ひと叩きして、状態はすごく上がっていました。まだオーナーサイドとも相談しなきゃダメなんですけど、これでG1馬になったので、それなりにレースもちゃんと選んでいかなきゃダメだなと思っています。ドバイはまた行きたいなと思っています。(フェブラリーステークスも)視野に入れていきたいなと思っています」

2着 サンライズノヴァ
吉原寛人騎手
「スタートが上手く決まらなくてちょっとぶつかりながらになったので、行き足はつかなかったんですけど、当初狙っていた内々を狙って位置も上げって行けたのでスプリントなら外回すよりは内かなということで。本当は外伸びなんですけど、このオープンクラスになると距離ロスの方が痛い感じになるので、逆に内をついて乗りました。(初コースは)戸惑うことなくサンライズノヴァも伸び伸び走ってくれたので最後もしっかり伸びてくれていたので良かったです」

3着 モズスーパーフレア
松若風馬騎手
「ダート適性はあるんじゃないかなと思っていたので、しっかりダートも対応してくれましたしね。あとは初めてのコーナー4つというところは課題かなと思ったんですけど、上手いこと息も入れられましたし、すごい上手に走ってくれたと思います。若干距離は、最後の止まり具合を見るとこの馬にとっては1200がベストじゃないかなと思いました。よく頑張ってくれたと思います」

4着 モジアナフレイバー
真島大輔騎手
「ゲートもすごい落ち着いていて上手く出れて良かったと思います。厩舎関係者の方々がすごく上手く作ってくれていたのですごく良い状態で迎えられたと思います。僕、初めてこの馬で小回り乗るんですけど、全然そんなに気にすること無く、すごく上手く対応してくれていたと思います。先生と今後、大きいところを獲れる馬なので大事に使っていきたいなということをさっき話したところなので、この馬を大きいところを獲れるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」

【JBCレディスクラシック】川田「良い時の雰囲気で走ってくれた」レース後ジョッキーコメント

柴田善「やっぱり1200」

【JBCスプリント】松山「自分の形の競馬は出来た」レース後ジョッキーコメント
(C)Yushi Machida

5着 リュウノユキナ
柴田善臣騎手
「返し馬からそうだったんですけど、1コーナーちょっと影見て跳ぶような格好したんですけど、レースでは大丈夫かなと思ったんですけど、レースでも実際跳んで、ちょっとやっぱり集中してなかったのかな。でも距離もやっぱり1200ですよね。向正面、落ち着いて自分のリズムで走っているんですけど、走っている距離がいつもより長くなったんですけど、やっぱり直線伸びないですね。距離でしょうが無いんじゃないですか。(金沢コースは)この馬にとってマイナスです。何とか状態の良さでカバーしてくれないかなと思ったんですけど、状態の良いとき・条件の良いときでもギリギリのレースをしていましたから、やっぱり不安材料ではありますね。逆に言えば思った通りのレースじゃないですかね。現実になってほしくないと思っていたようにレースが進んだ感じですね」

6着 サブノジュニア
矢野貴之騎手
「前回に比べたら進みも良くて、久々にこの馬らしい競馬が出来たなという感じはします。良い脚を使ってくれましたし、一瞬勝てるんじゃないかという手応えもあったので、ようやくこの馬らしい競馬が出来たなという感じです。コーナー4つは大井でも経験していますし、その辺はよくこなしてくれているなとは思います」

7着 サクセスエナジー
松山弘平騎手
「3番手で自分の形の競馬は出来たなと思います。地方は本当に沢山色んなところで経験していますので、問題ないかなと思っていたんですけど、着順見ると思った以上に走りきれなかったなという印象ですね。前走本当に強い競馬をしてくれたんですけども、どうしてもムラがあるのかなとは思いますね。ただ今日は、砂を被らなかったり枠も良いところを引けていたので、力を出せる状態にはあったと思うんですけども、こういう形で負けたというのは、またこれから考えなければいけないなと思いますね。(敗因としてはちょっとはっきりしない感じでしょうか?)そうですね…。状態としては悪くなかったと思います」

8着 ベストマッチョ
森泰斗騎手
「思い描いていた展開とポジションは取れたんですが、初コースということもあって、ちょっと頑張れなかったかなという感じです。けっこう物見する馬なので、やっぱり初めてのコースだと不安に思う部分が結構あるんだと思います。交流重賞でも接戦を演じたり力的には間に合うものもあるんですが、あとは体調と多少年齢も重ねてきてその辺りも気になる部分ではあるので、そういう面次第かなと思います」

10着 アランバローズ
左海誠二騎手
「モズが速いなと思ったので、切り替えて2番手でも取れればなと思ったんですけど、ちょっとレースの前からいつも以上にテンション上がっちゃってて、ゲートの中でもちゃんとキレイに立って居られなかったというのもあります。揉まれると弱いところがあるので、やっぱり道中いつもの行きっぷりは無くという感じでしたね。(金沢コースは)僕の中では合っていると思ったんですけど、やっぱりちょっと展開が厳しかったかなというのと、中央勢もそうですけど強い馬なのでね、これからもっともっと力付けられると思うので、良い経験したなと思って次に切り替えたいなと思います。(距離に関しては)マイルくらいまでのレースだったら、自分の形で持ち込めればまだまだ力はあると思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3日、金沢競馬場で行われた9R・JBCスプリント(Jpn1・3歳上オープン・ダ1400m)で1番人気、川田将雅騎乗、レッドルゼル(牡5・栗東・安田隆行)が快勝した。3馬身差の2着にサンライズノヴァ(牡7・栗東・音無秀孝)、3着にモズスーパーフレア(牝6・栗東・音無秀孝)が入った。勝ちタイムは1:24.6のレコードタイム(良)。

 2番人気で松山弘平騎乗、サクセスエナジー(牡7・栗東・北出成人)は7着、3番人気で柴田善臣騎乗、リュウノユキナ(牡6・美浦・小野次郎)は5着敗退。なお、6番ニュータウンガールが競走中止となっている。

人気に応える

【JBCスプリント】松山「自分の形の競馬は出来た」レース後ジョッキーコメント
(C)Yushi Machida

 1番人気に支持された川田将雅騎乗、レッドルゼルが最内を強襲して見事な差し切りを決めた。大外枠から先行争いに加わるも1コーナーではやや控える形に。勝負どころからは内に進路を取り直線を迎えると、見事な手綱捌きに導かれて鋭く差し切った。

レッドルゼル 19戦8勝
(牡5・栗東・安田隆行)
父:ロードカナロア
母:フレンチノワール
母父:フレンチデピュティ
馬主:東京ホースレーシング
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 レッドルゼル
2着 サンライズノヴァ
3着 モズスーパーフレア
4着 モジアナフレイバー
5着 リュウノユキナ
6着 サブノジュニア
7着 サクセスエナジー
8着 ベストマッチョ
9着 クリノフウジン
10着 アランバローズ
11着 フランシスコダイゴ
(競走中止)ニュータウンガール