【JBCレディスクラシック】武豊「いつか重賞獲れる」レース後ジョッキーコメント

(C)Yushi Machida

 3日、金沢競馬場で行われた交流G1・JBCレディスクラシックは、1番人気に支持されたテオレーマが勝利。道中は虎視眈々と中団で脚を溜めて、豪快な末脚で大外から差し切りを決めた。

JBCレディスクラシック、レース後ジョッキーコメント
1着 テオレーマ
川田将雅騎手
「返し馬から具合の良さを感じる事が出来たので自信をもって競馬をしてきました。良い時の雰囲気で走ってくれていたので、これなら大丈夫だという思いで、直線もしっかりとしたこの馬らしい動きが出来たと思います。自分の能力を安定して出すことが出来るタイプだと思いますし、今日もこうして良い内容で勝ちきることが出来ましたので、この後また改めてこの子が走る時に良い走りをすることを期待してもらえたらと思います。ありがとうございました」

石坂公一調教師
「前走使って馬の状態はかなり上がっていましたので、もう一段状態を上げて本番に臨もうと。それがパドックを見ても出来ていたなと感じましたので自信を持ってレースを見ていました。前走もびっしり仕上げてはいるんですけれども、使った後の状態が更に良く感じました。そこでその状態を緩めずにしっかり仕上げていこうと、敢えて調教負荷を緩めずに攻めた仕上げを行いました。レースに関しては川田騎手にお任せしていましたので、位置取りがどうというよりもちゃんと自分の競馬が出来ていたなと思って見ていました。無我夢中で大きな声が出ました。ここを一番の目標を思って仕上げましたので一旦ゆっくりさせます。あとは馬の状態を見ながら次戦を考えたいと思います。(金沢コースは)案外難しいコースだなとは思うんですけれども、この馬非常にに乗りやすくて、それが有利に働いた点もあると思います。本日はテオレーマ号を応援していただきありがとうございました。これからも更に大きな活躍をお見せ出来るようにスタッフ一同頑張っていきますので、よろしくお願いいたします」

2着 マドラスチェック
斉藤新騎手
「砂を被って少し気難しい面がある馬なので、スタートをきめてなるべくスムーズな位置で運びたいなと思いました。1コーナーまで理想な展開でしたし、向正面で内から馬を1頭行かせてしまいましたが、それでも自分の競馬は出来たと思いますし、最後勝ち馬の決め手が上だったかなと思います。距離もこれくらいがちょうど良いと思っていましたし、コース自体右回りでも左回りでも走れている馬なのでそこは特に心配していなかったかなと、今日は上手にこなしてくれたんじゃないかなと思います。北海道の時からすごい状態良かったんですけど、それを引き続き厩舎サイドが維持してくれていたので、休み明けでも重さというのは無かったですし、この馬の走りがしっかりと見せられたんじゃないかなと思います。前走一度芝乗せてもらったんですけど、その時からやはりダートの方がいいなと僕も思っていて、適正はすごく高いものを持ってるんじゃないかなと思います」

3着 リネンファッション
武豊騎手
「スタートがちょっと良くなくて、それで様子見ていたんですけど、砂被ったらすごく嫌がって、ちょっと思っていた以上だったので、それで1・2コーナーで内から2番手を取りに行って、そこは上手くいったんですけど直線向いた時にはもうちょっと最後余力が無かった感じですね。この馬にとってはコース自体は悪くないと思うんですけど、1500は若干短いのかなという気はしましたね。ただ安定して走ってくれるので、いつかはこの馬で重賞を獲れるんじゃないかなと思っています。状態は良かったです」

【JBCクラシック】松山「スタートを上手く出れなくて…」レース後ジョッキーコメント

松山「忙しかった」

【JBCレディスクラシック】武豊「いつか重賞獲れる」レース後ジョッキーコメント
(C)Yushi Machida

4着 レーヌブランシュ
松山弘平騎手
「スタート良く3番手の位置に付けられたんですけれども、小回りコースというのもありましたし距離も今回少し短くなって道中は少し忙しいような印象でした。最後頑張ってきてはくれたんですけど、少し忙しかったかなという印象です。(距離がもう少し長い方が)この馬の持ち味というのは活きるかなと思うんですけども、いずれにせよ今日しっかり結果を出せなかったので、そこは申し訳なかったなと思います。(この金沢コースは)忙しかったかなというふうに、少し窮屈な競馬になってしまったかなとは思います」

5着 ラインカリーナ
山本総哉騎手
「前半がそこそこ流れる形で自分の馬は先行馬なんですけれども、リズム重視でそこら辺は行ったので、上手くいったかなという感じはします。馬は色んな経験していますので、(金沢コース初というのは)全く心配していませんでした。最近少し5キロずつぐらい馬体重が増えて、少し絞れればなという話を関係者はしていたので、マイナス8という数字はすごい良かったですし、良い状態だと思いました。先生も言っていたんですけど、揉まれる競馬でもこれだけ脚を使ってくれたので収穫はあったと思います。地方最先着ということで本当に差のない競馬が出来ましたので大健闘かなとは思います。馬を褒めてあげたいです」

6着 ダノンレジーナ
本橋孝太騎手
「位置取りはレース前に考えていたベストなポジションを取れたのでそこは良かったですね。手応えも良かったですし、状態も良さそうだったんですけど、瞬発力というところで離されちゃったかなという感じですかね。(金沢コースは)全然苦にしてなかったです。一瞬の切れ味はすごいものを持っているんですが、良くを言えばそれをもう少し長く使えればいいかなと思いますけど、僕の道中の運び方とかもあるので、それでもっと引き延ばせればなと思います」

10着 サルサディオーネ
矢野貴之騎手
「7歳なんですけども、初めての馬場ということでちょっと戸惑っている感じがあって、スタートとかもちょっと寄れるような感じで本来の走りでは無かったかなと思います。1回使っていればまた違ったとは思うんですけど、ちょっと馬が戸惑っている感じではありました。馬は元気で普段通りだと思ったんですけど、流石に初めてでちょっと気にしているのかなという感じですね。いつもの行きっぷりが無かったのでちょっとあれでしたけども、本来の走りではなかったと思います」

11着 ハクサンアマゾネス
吉原寛人騎手
「ちょっとスタートで内から挟まれてそこが悔いが残りますけど、やっぱり全国の馬のペースには中々いきなりは対応出来なかった感じで戸惑っていましたけど、本当に良い経験になって今後に繋がってくれればなと思います。状態は本当に良くて良い動きはしていたんですけど、どうしてもちょっとペースも中々馬に合わなくて、また仕切り直しでこういう大きな舞台に出れるように頑張りたいなと思います」

12着 クリスティ
M.デムーロ騎手
「今日は全然気持ちがのってなかったです。(状態は)良かったですね。マイナス7キロだったけど、この間はちょっと余裕あって、状態はとても良かったです。(金沢コースはいかがでしたか?)今日の結果は残念です。良くなかったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3日、金沢競馬場で行われた8R・JBCレディスクラシック(Jpn1・3歳上オープン・牝・ダ1500m)で1番人気、川田将雅騎乗、テオレーマ(牝5・栗東・石坂公一)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にマドラスチェック(牝5・美浦・齋藤誠)、3着にリネンファッション(牝4・栗東・坂口智康)が入った。勝ちタイムは1:32.1のレコードタイム(良)。

 2番人気で松山弘平騎乗、レーヌブランシュ(牝4・栗東・橋口慎介)は4着、3番人気で矢野貴之騎乗、サルサディオーネ(牝7・大井・堀千亜樹)は10着敗退。

人気に応える

【JBCレディスクラシック】武豊「いつか重賞獲れる」レース後ジョッキーコメント
(C)Yushi Machida

 1番人気に支持された川田将雅騎乗、テオレーマが交流G1初制覇を飾った。1コーナーの入り口まで激しい先行争いが続いたが、それを見るように中団の位置から。やや出入りのある展開となるも勝負どころから徐々に進出する冷静な運びで直線を迎えると、大外から一閃、先行各馬を一気に差し切った。

テオレーマ 21戦6勝
(牝5・栗東・石坂公一)
父:ジャスタウェイ
母:スターズアラインド
母父:Sea The Stars
馬主:水上行雄
生産者:笠松牧場

【全着順】
1着 テオレーマ
2着 マドラスチェック
3着 リネンファッション
4着 レーヌブランシュ
5着 ラインカリーナ
6着 ダノンレジーナ
7着 グランデストラーダ
8着 ルイドフィーネ
9着 マルカンセンサー
10着 サルサディオーネ
11着 ハクサンアマゾネス
12着 クリスティ