【JBCレディスクラシック】川田「良い時の雰囲気で走ってくれた」テオレーマが交流G1初制覇

(C)Yushi Machida

 3日、金沢競馬場で行われた交流G1・JBCレディスクラシックは、1番人気に支持されたテオレーマが勝利。道中は虎視眈々と中団で脚を溜めて、豪快な末脚で大外から差し切りを決めた。

JBCレディスクラシック、勝利ジョッキーコメント
1着 テオレーマ
川田将雅騎手
「返し馬から具合の良さを感じる事が出来たので自信をもって競馬をしてきました。良い時の雰囲気で走ってくれていたので、これなら大丈夫だという思いで、直線もしっかりとしたこの馬らしい動きが出来たと思います。自分の能力を安定して出すことが出来るタイプだと思いますし、今日もこうして良い内容で勝ちきることが出来ましたので、この後また改めてこの子が走る時に良い走りをすることを期待してもらえたらと思います。ありがとうございました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3日、金沢競馬場で行われた8R・JBCレディスクラシック(Jpn1・3歳上オープン・牝・ダ1500m)で1番人気、川田将雅騎乗、テオレーマ(牝5・栗東・石坂公一)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にマドラスチェック(牝5・美浦・齋藤誠)、3着にリネンファッション(牝4・栗東・坂口智康)が入った。勝ちタイムは1:32.1のレコードタイム(良)。

 2番人気で松山弘平騎乗、レーヌブランシュ(牝4・栗東・橋口慎介)は4着、3番人気で矢野貴之騎乗、サルサディオーネ(牝7・大井・堀千亜樹)は10着敗退。

【JBCレディスクラシック】松山「窮屈な競馬になってしまった」レーヌブランシュは4着敗退

人気に応える

 1番人気に支持された川田将雅騎乗、テオレーマが交流G1初制覇を飾った。1コーナーの入り口まで激しい先行争いが続いたが、それを見るように中団の位置から。やや出入りのある展開となるも勝負どころから徐々に進出する冷静な運びで直線を迎えると、大外から一閃、先行各馬を一気に差し切った。

テオレーマ 21戦6勝
(牝5・栗東・石坂公一)
父:ジャスタウェイ
母:スターズアラインド
母父:Sea The Stars
馬主:水上行雄
生産者:笠松牧場

【全着順】
1着 テオレーマ
2着 マドラスチェック
3着 リネンファッション
4着 レーヌブランシュ
5着 ラインカリーナ
6着 ダノンレジーナ
7着 グランデストラーダ
8着 ルイドフィーネ
9着 マルカンセンサー
10着 サルサディオーネ
11着 ハクサンアマゾネス
12着 クリスティ