2021ブリーダーズカップ 日本馬の近況(11月2日)

(C)Yushi Machida

 11月5日(金)・6日(土)にアメリカ合衆国のデルマー競馬場で行われるブリーダーズカップに出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記の通り。

●ブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1・芝2200m)
・ラヴズオンリーユー(牝5・栗東・矢作芳人厩舎)
現地時間11月2日(火)の調教状況
デルマー競馬場
単走で芝コース5ハロンの追い切り 38.20(3F)
岡勇策調教助手騎乗
注記:芝コース調教時

矢作芳人調教師のコメント
「(調教について)ここまでの調教である程度仕上がっているので、今日はコースに入って芝の感触を確かめてもらえればと思っていましたが、動きは軽快で満足できるものでした。いわゆる洋芝だと思いますが、時計もそこそこ早いようなので、十分対応できると思います。ここまで何も問題なくきています。(枠順について)スタートが向正面なので、それを考えると内枠が良かったですが、人気が予想される(7)ウォーライクゴッデスを内に見ながらレースを進められそうなので悪くないと思います。川田騎手にも喜んでもらえると思います」

岡勇策調教助手のコメント
「今日の追い切りでは、芝のフィット感とコーナーリングの感覚を確かめることに重点を置きました。動き自体も問題なく、パワーがある馬なのでこちらの芝もこなしてくれると思います。順調にここまできたので、あと数日気を引き締めてレースに臨めればと思います」

●ブリーダーズカップマイル(G1・芝1600m)
・ヴァンドギャルド(牡5・栗東・藤原英昭厩舎)
現地時間11月2日(火)の調教状況
デルマー競馬場
ダートコース2周(キャンター)
藤原和男調教助手騎乗

藤原和男調教助手のコメント
「(調教について)今日はダートコースをキャンターで2周しましたが、明日(3日)の追い切りに向けて良い調教ができたと思います。飼葉も良く食べていて馬体減りもなく、いつもの競馬の時と同じくらいでレースの日を迎えられそうです。(枠順について)理想的な枠だと思います。両サイド((3)スペースブルースおよび(6)モーフォーザ)に人気になりそうな馬がいるので、そのあたりも意識しながら競馬ができると思います。藤原調教師にも連絡しましたが、内過ぎず外過ぎず、真ん中の枠なので良いのではとのことでした」

●ブリーダーズカップジュベナイル(G1・ダ1700m)
・ジャスパーグレイト(牡2・栗東・森秀行厩舎)
現地時間11月2日(火)の調教状況
デルマー競馬場
単走でダートコース4ハロンの追い切り 35.60(3F)
清水亮調教助手騎乗

森秀行調教師のコメント
「(調教について)調教の動きは良かったと思います。まだ1戦しか経験していない中で、長距離輸送もありましたが、3頭が帯同していることもあって、しっかり環境に順応してくれていると思います。いつもどおりの力は出せると思います。(枠順について)比較的頭数が揃ったレースということもあり、内枠が取れて良かったです。デルマー競馬場は小回りコースなので、やはり内側が有利だと思います」

清水亮調教助手のコメント
「もともと飛びが大きい馬なので、騎乗していてそれほどスピードを感じることはないのですが、今日の追い切りでは、スピードを感じることができたので、良い状態できていると思います。追い切りを終えて競馬に向けたスイッチも入ったので、あとは木曜日(4日)にゲート練習をして、レースに臨めればと思います」

●ブリーダーズカップダートマイル(G1・ダ1600m)
・ピンシャン(牡4・栗東・森秀行厩舎)
現地時間11月2日(火)の調教状況
デルマー競馬場
単走でダートコース4ハロンの追い切り 47.20(4F)
清水亮調教助手騎乗

森秀行調教師のコメント
「(調教について)今日の追い切りは2頭とも動きが良かったですが、中でもピンシャンの伸びは凄かったように思います。去年のキーンランド(出走せず)に比べれば、輸送時間も短かったので順調にきていると思います。(枠順について)スタートしてすぐ1コーナーになるので、ジャスパープリンス・ピンシャンともに内枠となって良かったです。最内の(1)シルヴァーステートがどう動くかということはありますが、特にピンシャンはスピードがあるので2枠となり楽しみです」

清水亮調教助手のコメント
「走り出しのテンの部分では少しふわふわしたところもありましたが、動き出したら、自分からハミをとって走ってくれました。しっかり追えましたし、良い状態だと思います。追い切り後ということで、この後、馬体に硬さが出なければ、レースには最高の状態で出せそうです」

・ジャスパープリンス(牡6・栗東・森秀行厩舎)
注記:ジャスパープリンスの追い切りは明日(3日)を予定

●ブリーダーズカップスプリント(G1・ダ1200m)
・マテラスカイ(牡7・栗東・森秀行厩舎)
注記:マテラスカイの追い切りは明日(3日)を予定

森秀行調教師のコメント
「マテラスカイに関しては、どの枠でも問題ないと思っていましたが、内側の枠なのでレースはしやすいと思います」

●ブリーダーズカップディスタフ(G1・ダ1800m)
・マルシュロレーヌ(牝5・栗東・矢作芳人厩舎)
現地時間11月2日(火)の調教状況
デルマー競馬場
単走でダートコース5ハロンの追い切り 35.60(3F)
O.マーフィー騎手騎乗

矢作芳人調教師のコメント
「(調教について)飼葉食いも良く、状態もキープできているので、今日は“攻め”の調教ができました。途中で手前を替えられなかったことは残念でしたが、追い切りでの動きは素晴らしかったと思います。負荷をかけたので、この後少し疲れは出ると思いますが、木曜(4日)ぐらいには回復して良い状態でレースに臨めると思います。(枠順について)レースの展開は早くなるでしょうし、マルシュロレーヌがスタートから良い位置を確保するのは難しいかなと考えています。そういった意味では、この馬についてはそこまで枠順へのこだわりはありませんでした」

O.マーフィー騎手
「今日は5ハロンぐらいから追い切りました。最後の1ハロンは確認の意味で、終いを伸ばすように心掛けました。マルシュロレーヌは頭の良い馬だと思いますし、追い切りでの反応も良かったと思います。息も乱れていなかったですし、身体はしっかりできていると思います」

※JRA発表による