【菊花賞】タイトルホルダーが最後の1冠を制する

(C)スポニチ

 10月24日、阪神11Rで行われた第82回菊花賞(3歳オープン・G1・牡牝・芝3000m・1着賞金=1億2000万円)は、横山武史騎乗、4番人気(牡3・美浦・栗田徹)が勝利。皐月賞馬、ダービー馬が不在のクラシック最後の1冠を逃げ切りで制した。勝ちタイムは3分04秒6。

 2着に3番人気のオーソクレース(牡3・美浦・久保田貴士)、3着に6番人気のディヴァインラヴ(牝3・栗東・斉藤崇史)が入った。

【富士S】池添謙「正直負けられないレース」ソングラインが重賞初制覇

まんまと逃げ切る

 皐月賞馬、ダービー馬不在、最後のクラシック1冠を制したのは横山武史騎乗のタイトルホルダーだった。スタートから迷わず先手を奪いマイペースの逃げを展開。勝負どころでも後続とセーフティーリードを保って直線へ向くと、影をも踏ませぬ快走で悠々の逃げ切りを決めた。

 菊花賞を勝ったタイトルホルダーは、父ドゥラメンテ、母メーヴェ、母の父Motivatorという血統。北海道新ひだか町・岡田スタッドの生産馬で、馬主は山田弘氏。通算成績・8戦3勝。重賞は21年弥生賞(G2)に次いで2勝目。鞍上の横山武史騎手、栗田徹調教師は同レース初勝利。

【全着順】
1着 タイトルホルダー 横山武史
2着 オーソクレース C.ルメール
3着 ディヴァインラヴ 福永祐一
4着 ステラヴェローチェ 吉田隼人
5着 ディープモンスター 武豊
6着 ヴェローチェオロ 幸英明
7着 アリーヴォ M.デムーロ
8着 エアサージュ 藤岡佑介
9着 アサマノイタズラ 田辺裕信
10着 ヴィクティファルス 池添謙一
11着 セファーラジエル 鮫島克駿
12着 ロードトゥフェイム 丹内祐次
13着 レッドジェネシス 川田将雅
14着 モンテディオ 横山和生
15着 グラティアス 松山弘平
16着 ヴァイスメテオール 丸山元気
17着 ノースザワールド 和田竜二
18着 ワールドリバイバル 津村明秀