【南部杯】田辺「プレッシャーはありました」アルクトスが連覇

(C)岩手県競馬組合

 11日、盛岡競馬場で行われた交流G1・南部杯は、1番人気のアルクトスが連覇を達成。スムーズな先行策からあっさり抜け出した。

南部杯、勝利ジョッキーコメント
1着 アルクトス
田辺裕信騎手
「去年に続いてこの馬で勝つことが出来て嬉しいです。去年は一番人気ではなく、強い馬もちょっといて、この馬は人気馬ではなかったんですけど、今日は周りから見られる立場だったのでその辺のプレッシャーはありました。ちょっと年齢もいくようになって中々絶好調をキープするというのが難しくなってきたんですけども、いつものレースを使う過程とは違う調整で今日を迎えたんですけれども、良い状態に厩舎の方で持ってきてもらえて良かったです。枠を出た時点で、この馬自身、前走の浦和の内枠という方がちょっと窮屈で苦しい競馬だったので、今日はスタートさえ普通に切れたら、ああいう競馬をしようと思っていました。途中のペースが僕が考えていたよりもスローではありましたし、その中で競ってくる馬がいなかったので、割と余裕ありながら直線を向かうことが出来ました。また楽しみな部分があるので、まずはここ使って無事にまた次の目標を見つけて頑張ってもらいたいです。中々競馬使わない馬なんですけれども、一戦一戦頑張って走ってくれるので、僕はすごい大好きな馬なので、もし一緒に応援してくれる人がいたら嬉しいです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 11日、盛岡競馬場で行われた11R・南部杯(Jpn1・3歳上オープン・ダ1600m)で1番人気、田辺裕信騎乗、アルクトス(牡6・美浦・栗田徹)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にヒロシゲゴールド(牡6・栗東・北出成人)、3着に2番人気のソリストサンダー(牡6・栗東・高柳大輔)が入った。勝ちタイムは1:35.3(不良)。

 3番人気で鮫島克駿騎乗、エアスピネル(牡8・栗東・笹田和秀)は、6着敗退。

【レディスプレリュード】川田「次に向けて準備」レース後ジョッキーコメント

人気に応える

【南部杯】田辺「プレッシャーはありました」アルクトスが連覇
(C)岩手県競馬組合

 1番人気に支持された田辺裕信騎乗、アルクトスがこのレース連覇を達成した。五分のスタートを切り、外目からじわっと先行して2.3番手の位置へ。終始スムーズな運びで外目を手応えよく進出すると、直線入り口から先頭に並びかけて抜け出し、力強く押し切った。

アルクトス 22戦10勝
(牡6・美浦・栗田徹)
父:アドマイヤオーラ
母:ホシニイノリヲ
母父:シンボリクリスエス
馬主:山口功一郎
生産者:須崎牧場

【全着順】
1着 アルクトス
2着 ヒロシゲゴールド
3着 ソリストサンダー
4着 インティ
5着 ワイドファラオ
6着 エアスピネル
7着 サンライズノヴァ
8着 リリーモントルー
9着 ドラセナ
10着 ユノートルベル
11着 シゲノブ
12着 ワークアンドラブ
13着 パンプキンズ
14着 レールガン
15着 ステーロ
16着 チスジ