【六社S】コトブキテティスがオープン入り

 10日、東京競馬場で行われた9R・六社ステークス(3歳上3勝クラス・芝2400m)で7番人気、柴田善臣騎乗、コトブキテティス(牝4・美浦・田島俊明)が勝利した。クビ差の2着にレティキュール(牝5・栗東・斉藤崇史)、3着に1番人気のフィリオアレグロ(牡4・美浦・堀宣行)が入った。勝ちタイムは2:25.7(良)。

 2番人気で吉田隼人騎乗、ストリクトコード(牝4・栗東・庄野靖志)は、9着敗退。

【新馬/東京5R】エピファネイア産駒 テラフォーミングがデビューV

ハービンジャー産駒

 7番人気の伏兵、柴田善臣騎乗のコトブキテティスがオープン入りを果たした。レースでは大外枠からゲートを出て中団の位置へ。慌てず騒がす後方待機でじっくりと構え、外目を通って直線を迎えると、大外から力強い伸び脚で一気に差し切った。

コトブキテティス 19戦4勝
(牝4・美浦・田島俊明)
父:ハービンジャー
母:エヴァ
母父:キングカメハメハ
馬主:尾上松壽
生産者:斉藤スタッド