【りんどう賞】ダークペイジがデビュー2連勝

 9日、阪神競馬場で行われた9R・りんどう賞(2歳1勝クラス・芝1400m)で5番人気、浜中俊騎乗、ダークペイジ(牝2・栗東・吉村圭司)が快勝した。クビ差の2着にエクロール(牝2・栗東・長谷川浩大)、3着にアキバ(牝2・栗東・田中克典)が入った。勝ちタイムは1:21.3(良)。

 1番人気で松山弘平騎乗、ラキエータ(牝2・栗東・音無秀孝)は5着、2番人気で松若風馬騎乗、タガノフィナーレ(牝2・栗東・浅見秀一)は6着敗退。

【新馬/阪神6R】ジャスパーグレイトが10馬身差楽勝

ラキエータは5着敗退

 5番人気に支持された浜中俊騎乗、ダークペイジがデビュー2連勝を飾った。五分のスタートからスピードに乗って2番手の位置へ。上手く内々で流れに乗り直線へ向くと、しぶとい伸び脚を見せてゴール前で抜け出した。インディチャンプの半妹、ラキエータは5着に敗れた。

ダークペイジ 2戦2勝
(牝2・栗東・吉村圭司)
父:Dark Angel
母:グレイトペイジ
母父:Roderic O’Connor
馬主:KRジャパン
生産者:タイヘイ牧場