【東京盃】松山「強い姿見せてくれた」サクセスエナジーが重賞6勝目

 6日、大井競馬場で行われた交流G2・東京盃は、7番人気のサクセスエナジーが快勝。ややムラのある近走だったが、久々に力強い走りで駆け抜けた。

東京盃、勝利ジョッキーコメント
1着 サクセスエナジー
松山弘平騎手
「久しぶりに強いサクセスエナジーの姿を見せることが出来てすごく嬉しく思っています。前走は砂を被って枠も内枠でしたし、あまり良いレースが出来ませんでした。その分、馬も力も温存していたと思いますし、今日良い枠を引いてくれてしっかり力を出し切ってくれたなと思います。揉まれ弱いところがある馬なので、とにかくそこだけを気を付けてスムーズな競馬をさせてあげようと心掛けていました。4コーナー回ってきて追いだした時の反応もすごい良かったですし、これなら行けるなという手応えでした。大井というコースだったんですけども、そこもしっかりこなしてくれましたし、本当に今日強い姿を見せてくれたので、まだまだこれから楽しみだなと改めて感じました。今日は本当に強い競馬をしてくれましたし、まだまだこれからやってくれる馬だと思うので、引き続き応援よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 6日、大井競馬場で行われた11R・東京盃(Jpn2・3歳上オープン・ダ1200m)で7番人気、松山弘平騎乗、サクセスエナジー(牡7・栗東・北出成人)が勝利した。3/4馬身差の2着に1番人気のリュウノユキナ(牡6・美浦・小野次郎)、3着に2番人気のレッドルゼル(牡5・栗東・安田隆行)が入った。勝ちタイムは1:10.3(稍重)。

 3番人気でC.ルメール騎乗、コパノキッキング(せん6・栗東・村山明)は、4着敗退。

早め先頭から押し切る

【東京盃】松山「強い姿見せてくれた」サクセスエナジーが重賞6勝目

 7番人気に支持された松山弘平騎乗、サクセスエナジーが交流重賞6勝目をマークした。 レースでは五分のスタートからダッシュ良く4番手付近へ。終始外目をまわりながらも手応え良く進出し直線を迎えると、早め先頭からリュウノユキナの追撃を振り切りゴールした。鞍上の松山騎手は「直線追い出したら反応も良くこれなら行けるなと思いました」と同馬の走りを振り返った。

サクセスエナジー 37戦13勝
(牡7・栗東・北出成人)
父:キンシャサノキセキ
母:サクセスアイニー
母父:ジャングルポケット
馬主:タカシマ
生産者:タニグチ牧場

【全着順】
1着 サクセスエナジー
2着 リュウノユキナ
3着 レッドルゼル
4着 コパノキッキング
5着 ワールドリング
6着 サブノジュニア
7着 サイクロトロン
8着 ニシノレオニダス
9着 フランシスコダイゴ
10着 クルセイズスピリツ
11着 ヴァルラーム
12着 ブルミラコロ
13着 ドーヴァー