【フォレ賞】エントシャイデン惜敗!直線先頭に立つも3着に敗れる

 3日、パリロンシャン競馬場で行われたフォレ賞(G1・芝1400m・15頭立て)に、坂井瑠星騎手とのコンビで挑戦した日本のエントシャイデン(牡6・栗東・矢作芳人)が出走し3着に敗れた。勝ったのはスペースブルー(牡5・英・C.アップルビー)で勝ちタイムは1分22秒97(重)。

【凱旋門賞】マーフィー「状態は良かった」クロノジェネシスは懸命に粘って7着

直線一旦先頭に立つも…

 本当に惜しい3着だった。外枠からダッシュ良く先行して2、3番手の位置を軽快に追走。直線でも手応え十分にスパートを開始すると、外から先頭に立ちそのまま押し切るかと思われたが、ゴール寸前で後続の追撃を凌ぐことは出来ずに3着に敗れた。