【2021凱旋門賞】日本馬の近況(9月30日)

 10月3日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)等に出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記の通り。

●凱旋門賞(G1・芝2400m)
・ディープボンド(牡4・栗東・大久保龍志厩舎)
本日(現地時間9月30日(木))の調教状況
厩舎前で約60分間の曳き運動

大久保龍志調教師のコメント
「追い切り明けですが、馬も落ち着いています。飼葉も良く食べており、反動もありません。良い状態で競馬に臨めると思います。(応援フラッグを受け取って)日本のファンの皆さま、このような思いのこもったメッセージをいただきありがとうございます。私たちも心が熱くなりました。自分たちだけではなく、日本から皆さんが見てくれていますので、ぜひ良い結果を持ち帰りたいと思います」

・クロノジェネシス(牝5・栗東・斉藤崇史厩舎)
本日(現地時間9月30日(木))の調教状況
厩舎前で約60分間の曳き運動

斉藤崇史調教師のコメント
「昨日(29日)追い切りを行いましたが、今朝も特に異状はありませんでした。(応援フラッグを受け取って)たくさんの応援ありがとうございます。これでクロノジェネシスも頑張ってくれると思います」

※JRA発表による