【盛岡・ジュニアグランプリ】モリデンブラックが1番人気のギャレットを交わして重賞初制覇!

(C)岩手県競馬組合

 20日、盛岡競馬場で行われた9R・ジュニアグランプリ(M1・モンテロッソ2歳・芝1600m)で2番人気、山本政聡騎乗、モリデンブラック(牡2・北海道・桧森邦夫)が快勝した。1馬身差の2着に1番人気のギャレット(牡2・岩手・佐藤浩一)、3着にエイシンツーリング(牡2・岩手・板垣吉則)が入った。勝ちタイムは1:39.4(稍重)。

【盛岡・ジュニアグランプリ】モリデンブラックが1番人気のギャレットを交わして重賞初制覇!
(C)岩手県競馬組合

ジュニアグランプリ、勝利ジョッキーコメント
1着 モリデンブラック
山本政聡騎手
「北海道の馬は左回りの経験が少ないのでコーナリングに気を付けて、上手くクリアしてあげようと心がけました。少しかかるかもしれないとも聞いていたので無理に行かないように。周りの馬が飛ばして行ってくれて縦長にもなったので自分は自分の競馬に専念できましたね。ずっと内にいると前の馬が下がってくるだろうし、外に出してギャレットをマークする形になれば良いと。コーナーは少し外に張り気味だったんですが、仕掛けたら反応してくれました。その辺は左回りにちょっと戸惑っていたのかもしれません。ただ、馬体を併せに行ってからの弾け方はやはり力が違うなと感じましたね。レベルが違うというか、もう一段上に行ける底力を持っているんだなと思いました」

桧森邦夫調教師
「前回、札幌の芝のレースを走って芝の手応えを感じたのですが、その時、折り合いを気にしてメンコを使ってみたところ結果がもうひとつ。なので今度はメンコを使わずに芝のレースを走らせてみたいという事でこのレースに挑んでみました。馬の状態は悪くないと思っていましたが左回りがどうなのかは心配していました。最後の直線もちょっとフワフワしていて“交わせるかな?”と思いましたが勝ってくれた。鞍上もうまく乗ってくれましたね。次戦以降はまだ未定。オーナーサイドと相談して検討したいと思います」

モリデンブラック 6戦2勝
(牡2・北海道・桧森邦夫)
父:トゥザワールド
母:ヒラリータイザン
母父:ワイルドラッシュ
馬主:森田芳男
生産者:トモファーム

【全着順】
1着 モリデンブラック
2着 ギャレット
3着 エイシンツーリング
4着 エムティエース
5着 ロイヤルザップ
6着 マルルットゥ
7着 ミスリチャード
8着 クリアウェーブ
9着 エイシンスタートル
10着 セイダンシング
11着 エイシンクリーオス
12着 ノイクローネ
13着 シャルロットアイズ