【MジャングルポケットC】パラダイスリーフが約2年2ヶ月振りのレースを快勝

 20日、中山競馬場で行われた10R・Mジャングルポケットカップ(3歳上2勝クラス・芝2000m)で2番人気、横山武史騎乗、パラダイスリーフ(牡5・美浦・岩戸孝樹)が快勝した。1.3/4馬身差の2着に1番人気のモーソンピーク(牡4・美浦・国枝栄)、3着にゴールドティア(牝4・栗東・池添学)が入った。勝ちタイムは2:01.4(良)。

【新馬/中山6R】ハービンジャー産駒 ファンタジアがデビューV

2019年8月以来の復帰戦

 2番人気に支持された横山武史騎乗、パラダイスリーフが勝利。同馬は2019年8月以来の出走で、約2年2ヶ月振りのレースを快勝した。長期休養明けも、屈腱炎を乗り越えて見事なレース運びだった。直線では後方から一気に差し切るレース運びで、鞍上はゴール前で渾身のガッツポーズ。ライバルを一気に抜き去る豪快な差し脚を見せた。

パラダイスリーフ 4戦3勝
(牡5・美浦・岩戸孝樹)
父:ディープインパクト
母:シルキーラグーン
母父:ブライアンズタイム
馬主:シルクレーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム