【武豊日記】凱旋門賞に出られること自体がボクの誇り

(C)Yushi Machida

 ディープボンドが、凱旋門賞の前哨戦の一つであるフォワ賞を快勝。鞍上はクリスチャン・デムーロでした。今朝、兄のミルコ・デムーロに「良かったね」と言うと、「ホント、良かった。あの日のレースは全部ネット中継で見ていましたよ」と自分のことのように喜んでいました。フランスでの逃げ切りは、最近でこそたまにありますが、以前は奇襲という見られ方でした。日本で長く活躍したオリビエ・ペリエがこの戦法を持ち帰り、立派な作戦の一つとして認めさせたのでした。クリスチャンも日本仕込み。「逃げはボクのプランでした」のコメントが誇らしく聞こえました。

 ボク自身は、フォワ賞を違った目で見ていたかもしれません。凱旋門賞で乗るかもしれないブルームを注視していたからです。結果はディープボンドを捕まえきれずに2着。それでも3着以下は離していましたし、次への上積みもありそうに見えました。とはいえ、ブルームに乗せてもらえるのか、ジャパンなのかは向こうへ行ってみないとわからないのですが。どちらにしても、凱旋門賞に出られること自体がボクの誇りです。

 今週は土日と、祝日の月曜日まで続く3日間競馬。1頭、楽しみにしているのが、日曜の中京の芝2000mでデビューする予定のトゥデイイズザデイという2歳新馬です。池江泰寿厩舎のディープインパクト産駒で、ディープボンド由来のオーナーの持ち馬。将来性の高さの一端をお見せできればと期待しています。

(C)武豊オフィシャルサイト