【京成杯AH】戸崎「本命馬を見ながら」カテドラルが重賞初制覇

 12日、中山競馬場で行われたG3・京成杯オータムハンデは、7番人気のカテドラルがゴール寸前で差し切り。道中ロスなく進めた鞍上の手綱捌きも相まっての見事な勝利だった。

京成杯AH、勝利ジョッキーコメント
1着 カテドラル
戸崎圭太騎手
「すごく乗りやすいとは聞いていましたので、今週の中山は内で前残りが多かったのですが、後ろからいつも行ってる馬なのでその辺どうかなと思っていましたけど、良いレースが出来たなと思いますね。スタート出負けしてしまったんですけど、その後はもうリズムで行こうと思っていました。内枠もありましたので、本命馬を見ながら行くことが出来て、あとは自分のリズムを保ちながらバランス良く行ったなという感じです。手応えは十分だったんですけれども、今日は内枠もあったので、外を回さずに、内をさばいていこうと考えていました。ちょっと進路を探すのが大変でしたけども、馬にもまだ手応えもありましたので、その辺上手くさばいてくれました。すごく乗りやすくて、重賞でも中々勝ちきれなかったんですけれども、力はあると思うので、今後また楽しみだなと思います。秋競馬これから始まりまして、良いスタートを僕自身も切れたと思います。このように馬も勝つことが出来て、更に弾みをつけてくれると思いますので、今後とも応援よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 12日、中山競馬場で行われた11R・京成杯オータムハンデキャップ(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1600m)で7番人気、戸崎圭太騎乗、カテドラル(牡5・栗東・池添学)が勝利した。クビ差の2着にコントラチェック(牝5・美浦・藤沢和雄)、3着に1番人気のグレナディアガーズ(牡3・栗東・中内田充正)が入った。勝ちタイムは1:32.0(良)。

 2番人気で藤岡佑介騎乗、バスラットレオン(牡3・栗東・矢作芳人)は15着、3番人気で菅原明良騎乗、カラテ(牡5・美浦・高橋祥泰)は5着敗退。

【セントウルS】ルメール「ギリギリセーフ」レシステンシアが粘り込む

ゴール寸前で差し切る

【京成杯AH】戸崎「本命馬を見ながら」カテドラルが重賞初制覇

 7番人気に支持された戸崎圭太騎乗、カテドラルが嬉しい重賞初制覇を飾った。レースでは中団やや後方内目からロスなく進めて勝負どころへ。直線入り口では進路を探しながら、上手く外へ持ち出して行きスパートを開始すると、グングン末脚を伸ばして行き逃げねばるコントラチェックをゴール寸前で捉えた。

カテドラル 19戦4勝
(牡5・栗東・池添学)
父:ハーツクライ
母:アビラ
母父:Rock of Gibraltar
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 カテドラル
2着 コントラチェック
3着 グレナディアガーズ
4着 スマートリアン
5着 カラテ
6着 レイエンダ
7着 ステルヴィオ
8着 マルターズディオサ
9着 ワイドファラオ
10着 スマイルカナ
11着 グランデマーレ
12着 カレンシュトラウス
13着 アカノニジュウイチ
14着 ベステンダンク
15着 バスラットレオン
16着 マイスタイル