2021フォワ賞(G2)およびパン賞(G3)日本馬の近況(9月8日)

(C)スポニチ

 9月12日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われるフォワ賞(G2)およびパン賞(G3)の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記の通り。

●フォワ賞(G2・芝2400m)
・ディープボンド(牡4・栗東・大久保龍志厩舎)
本日(現地時間9月8日(水))の調教状況
エーグル調教場(芝周回コース)
単走で約6ハロンの追い切り、最後の1ハロンを強めに追う
C.デムーロ騎手騎乗

C.デムーロ騎手のコメント
「仕掛けた時の反応が良くなり、動きも先週と比べて良化しています」

大久保龍志調教師のコメント
「久しぶりに生でディープボンドの追い切りを見ましたが、競馬前の動きとしては十分だと思います。良い頃の出来にあります。エーグルの馬場を見て、やはり現地の芝はタフだという印象を持ちましたが、こうした馬場であっても申し分ない動きでした。相手関係は分かりませんが、まずはトライアルでどのような競馬をするか今から楽しみです」

●パン賞(G3・芝1400m)
エントシャイデン(牡6・栗東・矢作芳人厩舎)
本日(現地時間9月8日(水))の調教状況
エーグル調教場(芝周回コース)
単走で約4ハロンの追い切り
坂井瑠星騎手騎乗

坂井瑠星騎手のコメント
「先週しっかりやっているので今日は終い重点でした。先週より動きや反応も良く、良い状態でレースに臨めると思います。ディープボンドの帯同馬としての役目ですが、エントシャイデンも応援していただけると嬉しいです」

※JRA発表による