2021年札幌競馬リーディングジョッキーは、横山武史騎手!

 横山武史騎手(美浦:フリー)は、夏の札幌競馬で20勝をあげて札幌競馬開催のリーディングジョッキーとなり、「北海道競馬記者クラブ賞」を受賞した。

 横山武史騎手は初の札幌リーディング獲得。父の横山典弘騎手は3回(1992年・1996年・2012年)獲得しており、父子で札幌リーディングジョッキーとなった。

夏の小倉競馬リーディングジョッキーは、松山弘平騎手!小倉ターフ賞も受賞

横山武「関係者の皆様と馬に感謝」

横山武史騎手コメント
「関係者の皆様と馬に感謝したいと思います。昨年は、ルメール騎手に次ぐ2位で、札幌リーディングを獲ることができなかったので、リベンジできたことも嬉しいです。今年は、函館・札幌開催の両方でリーディングを獲ることができたので、来年も獲得できるように頑張ります」

■2021年札幌競馬リーディングジョッキー順位】
1位 横山武史騎手(20勝、2着11回、3着7回)
2位 C.ルメール騎手(14勝、2着8回、3着5回)
3位 横山和生騎手(14勝、2着4回、3着10回)

※JRA発表による