【新潟2歳S】川田「能力の高い馬」セリフォスが重賞初制覇

(C)スポニチ

 29日、新潟競馬場で行われたG3・新潟2歳ステークスは、3番人気に支持されたセリフォスが重賞初制覇。1番人気のアライバルはゴール寸前で追い込んでくるも届かずの2着だった。

新潟2歳ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 セリフォス
川田将雅騎手
「無事に結果が出て何よりです。今日は装鞍所の段階からだいぶテンションが高くて、その分ゲートの中も収まりが悪く、出が良くなかった分あの位置からにはなったんですけど、そこでリズムを取ることに終始しました。またがってから返し馬もポケットで歩いている時も今日はやたらと左に行きたがっていたので、枠も枠ですし、内の馬場は良くないですけど、内を気持ち良く走らせてあげようと思いました。元々能力の高い馬だという認識はありましたので、それをこの競馬で証明することが出来て良かったなと思いますし、前半あまり良い流れではなかったですけど、それでもこうして勝ち切れたのは能力の高さだと思っています。能力の高い馬ですから、今後も無事に育っていってくれるといいなと思います。馬場に関してはこなせる自信がありましたので、そのまま今日は左に行きたがっている分、ラチ沿いを走ろうということを選択出来ましたので、問題無く走ってきました。僕は良い馬沢山乗せていただいていますので、また来週も良い仕事をしたいと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 29日、新潟競馬場で行われた11R・新潟2歳ステークス(G3・2歳オープン・芝1600m)で3番人気、川田将雅騎乗、セリフォス(牡2・栗東・中内田充正)が快勝した。1.1/4馬身差の2着に1番人気のアライバル(牡2・美浦・栗田徹)、3着に2番人気のオタルエバー(牡2・栗東・中竹和也)が入った。勝ちタイムは1:33.8(良)。

【キーンランドC】亀田「勝ったかどうかわからなかった」レイハリアが古馬撃破

1番人気のアライバルは2着

 3番人気に支持された川田将雅騎乗、セリフォスがデビュー2連勝で重賞初制覇を飾った。新潟の長い直線では最内ラチ沿いをついてスパート。直線半ばから先頭に立ち押し切りを図ると、外から来た1番人気アライバルの追撃を振り切ってゴールした。

セリフォス 2戦2勝
(牡2・栗東・中内田充正)
父:ダイワメジャー
母:シーフロント
母父:Le Havre
馬主:G1レーシング
生産者:追分ファーム

【全着順】
1着 セリフォス
2着 アライバル
3着 オタルエバー
4着 コムストックロード
5着 スタニングローズ
6着 キミワクイーン
7着 タガノフィナーレ
8着 グランドライン
9着 ウインピクシス
10着 クラウンドマジック
11着 クレイドル
12着 サイード