【武豊日記】能力の高さを引き出してあげたい

(C)Yushi Machida

 先週の小倉の土曜メーン佐世保Sは、クーファウェヌスで1着。弟の武幸四郎厩舎の所属で、先代の大迫忍オーナーの時代から長くお世話になっている、地元オーナーの馬です。調教師がここぞというときだけ依頼してくれるからでしょう。この馬との相性は4戦3勝2着1回と、なかなか見ないぐらいの良さです。今回は抜群のデキの良さだったかと言えばそうではなく、返し馬の時点でちょっとコツコツとした感触が返ってくるぐらいの硬さ。それもあって、テンに無理せずに後ろに構え、直線は伸びそうなコースに誘導しました。それがピッタリはまるところが相性の良さなんでしょうね。これでオープン入り。ここぞという場面が、この先にもあればうれしいです。

 今週末はキーンランドカップをメーンに、土日とも札幌で騎乗します。メーンはメイケイエールとのコンビで、この馬も4戦3勝という好相性です。とはいえ実は非常に乗り難しい馬で、今回はハミ受け不良による調教再審査合格を経ての1戦。先週乗った感触ではずいぶんとおとなしくなっていましたが、本当のところは実戦へ行ってみなければわかりません。距離が1200mに縮まるのは、乗る側としてはありがたい材料なので、能力の高さを引き出してあげたいです。海の向こうでは日本産のディープインパクト産駒スノーフォールが快進撃を続け、札幌記念はソダシ、北九州記念はヨカヨカと、3歳牝馬の大活躍が話題を集めています。今週、その流れをメイケイエールも引き継ぎたいものです。

(C)武豊オフィシャルサイト