吉田隼人が騎乗停止、札幌12Rでの制裁

 22日、札幌競馬場で行われた第12Rで、4番モンファボリ(吉田隼人騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行したため、8番メイショウハボタン(小沢大仁騎手)、10番ザイラ(坂井瑠星騎手)および12番ベッラヴォルタ(菊沢一樹 騎手)の進路が狭くなった。

 この件について、吉田隼人騎手を9月4日(土)から9月12日(日)まで9日間の騎乗停止となった。

※JRA発表による